子ども

我が家で人気の読み聞かせ、おすすめ絵本10冊をまとめました。その2

5

お待たせしました。
おすすめ絵本ランキング、
5位からの発表になります。

10位から番外編は
こちらです→https://amakasu-net.asia/kodomo/2986/

ではいきます。

第5位

幽霊の館
 

仕掛け絵本とはちょっと違いますが、
絵本の一部がホログラム仕様になっています。

電気を枕もとのライトだけ灯し読むと、
幽霊たちが不気味に光ります。

第4位

パパ、お月さまとって!
 

はらぺこあおむしで有名なエリック・カールさんの作品です。

弟君が大好きな本です。
ちょっとした仕掛け絵本になっていて、
弟君が無理やり開いたりしたので結構ボロボロ(笑)

台詞を暗唱してます。

第3位

おばけのケーキ屋さん

比較的最近発売された絵本です。

第3位ということで読む頻度は高めです。

何気なく読んでいたら、
「あ、最後はそういう結末なんだ」
とちょっとびっくりしたり。

こちら続編も出ていますが、
うちでは1作目が人気。

第2位

おしりたんてい

おしりたんていです。

お姉ちゃんも弟君も大好きです。

迷路があったり探偵らしく推理要素もあります。

遊び感覚の絵本です。

詳しいレビューは
単体で書いています。
絵本レビュー【おしりたんてい】を読んだ感想

第1位!!

100かいだてのいえ

この本、なぜか大人気です。
図書館の児童書コーナーでも、常に貸し出し中の1品です。

シリーズもあり、
海に行ったり地下に行ったりもします。

自分が見ると、
評価はふつうくらい
なんですが、
なにか
子どもにはひきつけられる要素
があるようです。

結構いろんな方が紹介しているんですが、
それぐらい子どもにはおすすめの1冊です。

番外編

他にはせなけいこさんの
絵本は定番ですね。

ねないこだれだなんてグッズまで出ているくらい大人気です。
対象は未就学児童くらいまでかなと。

あとは
となりのせきのますだくん

こちらも自分が子どもの時に読んでいた物を
子どもが読んでいます。

自分が子どもの頃の絵本を
自分の子どもが読んでいる。

なんだか不思議な感じもします。

あとは季節に合わせた絵本や、
お姉ちゃんが小学校に上がる前は、
いちねんせいのはる・なつ・あき・ふゆ

こういった絵本も読んだりしていました。

お姉ちゃんが幼稚園の頃から
図書館でも月20冊は借りているので、
500冊近くはもう絵本を読んでいる
と思われます。

毎日寝る前、ほんの10分程度、
一緒に絵本を読む時間を作るのもいいですよ。

我が家では最近はもう
「ママがいい」
の一言で自分は一蹴されます(笑)

我が家で人気の読み聞かせ、おすすめ絵本10冊をまとめました。前のページ

絵本レビュー【おふろだいすき】を読んだ感想次のページ

【関連コンテンツ】

関連記事

  1. 子ども

    虫好き女子の娘っ子らと足立区生物園で、昆虫や動物と触れ合い体験してきました。

    足立区生物園へ イベントがある毎に、ちょこちょこお出かけしている、…

  2. 子ども

    【車で旅行】N BOXで東京から朝ドラ「まれ」の舞台、輪島へ行ってみた話~その1~

    今回の記事は旅行記です。子どもの夏休みを利用して、5泊6日、東…

  3. 子ども

    【夏休み】人気テーマパークランキング3位!船橋アンデルセン公園を満喫するためには【お出かけ】

    トリップアドバイザーにて、ランキングトップ10に入り続ける、「船橋…

  4. 子ども

    混雑もだいぶ落ち着いた!?ハロウィン秋のアンデルセン公園へ。

      今回のお出かけは、子どもが大好きな船橋アンデルセン公園…

  5. 子ども

    【観光ツアー】上海ディズニーランドは完全予約制!チケットの取り方、安く購入する方法は?【解説】

    日本にもディズニーランドはありますが、世界にもディズニーランド(ワ…

  6. 子ども

    お出かけスポットNO、1!大洗アクアワールドは開館15周年!!

    サメとマンボウの飼育数日本一!!! の大洗アクアワールドへ、今…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. セミナー

    思考は書いたら現実化する?思考が行動へと導く
  2. せどり

    せどり(本)にはよくあること?
  3. せどり

    メルぞうにレポートが掲載されました!作成から申請までの流れ。
  4. 子ども

    動物園もある、行船公園に子供とお出かけしてきました。
  5. せどり

    せどりでの久々のお宝商品の紹介
PAGE TOP