せどり

せどりで仕入れたものを売るための工夫。

Header07

せどりで仕入れたものをアマゾンで出品する際、
コンディション説明
を記入することができます。

多数の出品者が同じ商品を出す中で、
自分の仕入れたものを買ってもらうにはどうすればいいのか?

価格を安くする?
状態がいいのをアピールする?

価格を安くすれば、売れるのは早いですが、
その分利益も減ります。

状態のいいものをそれ相応の値段で売ることが、
最安値で出したとき以上の利益を得る方法です。

じゃあ、どのようにして最安値より高くても
買ってもらえるようにするか?

ひとつに写真があります。
出品する物の写真を撮って、
商品ページに載せておけば、買う側も
「買ったらこれが届くのか」
とわかります。
中古である以上状態は、千差万別です。

写真を載せることで、自分の物は
こういう状態です。
と見せてアピールができます。

もうひとつが、
コンディション説明です。
ここに、
この出品物は、傷があるのか?
付属品は何が付いているのか?
など書いていきます。

ほとんどの出品者が、コンディション説明を書いています。

じゃあどのような説明を書けばいいでしょうか。

どのように書けば
「買おうかな」
と思わせることができるのか。

スポンサードリンク

買ってもらう工夫

この前、価格チェックをしているときに、
すごく参考になる物を見つけたので、
写真を載せます。

あなたはどちらの出品者から買いたいですか?

1

最初見たときは、
同じ新規出品者でここまで差があるものなのか!
と驚きました。

2人の出品者ともおそらくせどりを始めたばかりの方だと
思うのですが、
どちらから購入したいですか?

あまりにも極端な例ですが、
コンディション説明って重要だな
って感じませんか?

ちょっと丁寧に書くだけで同じ商品を売っているのにも関わらず、
かなり印象が変わってきます。

ひとつひとつを丁寧に

これはせどりだけの事ではないですが、
やるからには丁寧さを心がけましょう。

めんどくさいから、雑にやるのは大間違いで、
めんどくさいからいかに効率よく簡単にこなしていくかが大事なってきます。

コンディション説明もいちいち書いていたら、
大変ですが、大まかなテンプレートを作っておけば、
残りは商品の状態によって変えればいいだけです。

めんどくさいから省く。
から
めんどくさいから効率化しちゃおう!
という行動に変えて行きましょう。

仕入れたものが売れないとせどりは成立しません。
どうやったら売れるかな?
どんな風にしたら買おうかなと思ってもらえるかな。

100%の正解は無いですが、
どのようにやったらより売れやすくなるのか
試行錯誤するのも大事なことです。

自分のコンディション説明。
買う側にとってはどのように見えるか一度客観視して見てみるのも
いいことですよ。

 

DVDせどり、脱初心者計画~売れないから売れるへ~前のページ

中古DVDせどり、個人的仕入れおすすめカテゴリ(ジャンル)番付。次のページ

【関連コンテンツ】

関連記事

  1. せどり

    新品おもちゃせどりの仕入れで気付いたこと。話題の妖怪ウォッチも!?

    ふとしたきっかけで、おもちゃの問屋さんと知り合いになり数ヶ月。問屋…

  2. せどり

    中古DVDせどり、個人的仕入れおすすめカテゴリ(ジャンル)番付。

    本などにくらべて数は少ないですが、DVDせどりを始めたばか…

  3. https://amakasu-net.asia/?p=1309

    せどり

    せどりの仕入れと検品で揃えた道具を動画で解説

      私がせどりの仕入れと検品で主に使用している物について、…

  4. せどり

    DVDせどり、脱初心者計画~基本をマスターする~

    今回から数回に分けて、「DVDせどり、脱初心者計画」と…

  5. せどり

    時間の有効活用、○○ついでにせどりの仕入れ

    ついで仕入れせどりで仕入れをする際、今日は仕入れに行こう!…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. せどり

    せどりで仕入れた商品をFBA(アマゾンの大口出品)を利用する理由
  2. せどり

    ちゃぼすけさんの「第3回 幸せになるための、せどり転売セミナー」に参加してきまし…
  3. メダカ

    メダカの屋外・屋内飼育ってどうやるの?(誰でも出来る簡単飼育・完成編)
  4. せどり

    ブックオフせどりにて○○と表示されているDVDは仕入れ対象!?
  5. ネットビジネス

    【完全ひとりビジネスを始めるための本】読んで思ったこと。
PAGE TOP