子ども

【絵本レビュー】『おとん』作: 平田 昌広さん 絵: 平田 景さん【父の日特集】

『おとん』

 

作: 平田 昌広
絵: 平田 景
出版社: 大日本図書

 
の作品です。
 

 
※絵本詳細リンク↑
 
 
この本は「おとん」だけでなく、
「おかん」も出版されています。
 
 
本屋さんや図書館に行くと、
「父の日」
が近くなると、目立つところに置かれる一冊ですね。
 

内容

いつも「おとん」と呼んでる男の子。
 
家でいつもダラダラしているおとんを見て、
ある事を思いつきます。
 
 
おとんをおとんじゃなくて、
違う名前で読んだら変わるんじゃないか?
 
 
試しに、
 

 
 
「パパ」
って呼んでみたらおとんはビックリ。
 
 
他にも、
 

 
 
おとうさまや他色々の呼び方で呼んでみるけど、
おとんも返事をしないし、
自分もなんだかその呼び方にしっくりこない感じ。
 
 

 
 
呼びやすい呼び方はないかなと色々模索しているうちに、
気付いたら、
いつも通りの
「おとん」
に。
 
 

 
 
 
おとんもようやく返事をしてくれて、
いつも通りの関係に。
 
 
話の流れとしては、単調ですが、
おとんと僕のやり取りが気持ちをほんわかさせてくれる1冊です。
 
 




 
 

まとめ

特別盛り上がる話の流れではないですが、
読みながら子供と「お父さん」のことをなんて呼ぶ?と会話しながら
読むことのできる1冊です。
 
家ではお父さんのことを
「〇〇」
って呼んでるけど、
呼び方ってこんなにあるんだと、
知れる1冊です。
 
私が子供の頃は父親のことを
「おとん」
とこの絵本と同じように読んでました。
母親は
「おっかー」
ですね。
 
 
それに慣れてたせいか、
子どもに
「パパ」
と呼ばれるとなんだか照れ臭く感じます。

 
お母さんが読むのもいいですが、
お父さんが子供と接するのに使いやすい絵本
だと思いますよ。
 
 
話を聞かせる絵本と言うよりは、
子どもと会話しながら読み進めていくジャンルの絵本ですね♪
 
 
※参考リンク

 

【紫外線対策】UVカット付きのおすすめの1dayコンタクトってあるの?【使い捨てコンタクト】前のページ

【考え方を変える】できる?できない?どっちの考えが先に来る?【ネットビジネス】次のページ

【関連コンテンツ】

関連記事

  1. 子ども

    マグロは現在元気!?葛西臨海水族園に行ってきました。

    先週の土曜日、お姉ちゃんの習い事が夕方からなので、午前中か…

  2. 子ども

    夜の足立区生物園にホタルを見に行ってきました。(光の祭典も同時開催)

    昨日は娘っこがどこかお出かけしたいのというので、色々調べた…

  3. 子ども

    N BOXで東京から朝ドラ「まれ」の舞台、輪島へ行ってみた話~その3~

    今回からいよいよ輪島に突入です。道筋はこんな感じ。まれ…

  4. 子ども

    【子供も楽しめる】屋外アート「彫刻の森美術館」【箱根観光】

    前回に引き続き、今回も箱根にある彫刻の森美術館のブ…

  5. 子ども

    【箱根観光】屋外アートを満喫できる彫刻の森美術館へ【ピカソ館常設】

    今回、ゴールデンウィークは、箱根にある、彫刻の森美術館…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 子ども

    【東京都内】水遊びもできる!ザリガニ釣りが手軽にできる公園へ【小松川境川親水公園…
  2. せどり

    せどりでの仕入れ、JANコードだけ見ると失敗してしまうことも!?
  3. せどり準備

    せどりのみちしるべ~0からはじめるせどり~その2~
  4. コンタクト

    ワンデーコンタクト「バイオトゥルーワンデー」を買ってきた。
  5. せどり

    せどりの仕入れでの探し方、モノレートを使って判断する見方解説。
PAGE TOP