えー夏休みですね。
土曜日から子どもたちが夏休みという事で、
彼女の実家の八王子に帰省してきました。

そのときに、
「日野市立新選組のふるさと歴史館」
にも寄ってきたので、その時のお話でも。

スポンサードリンク

なぜ日野市が新撰組のふるさとなのか?

なぜ日野市が新撰組のふるさとなのかというと、
土方 歳三や井上 源三郎先生のふるさとだから!
らしいです。

そんなわけで日野市にはここだけではなく、
土方の資料館や源三郎先生の資料館などなど、
ずいぶん新撰組推しな施設がいっぱいあります。

うちの家族、自分以外誰も新撰組に興味が無いので、
今回は日野市立新選組のふるさと歴史館だけを見てきました。

日野市立新選組のふるさと歴史館に到着!

全景

外観はこんな感じです。
新撰組ののぼりに混じってなぜかブルーベリーののぼりもあります。

DSC_0536
DSC_0536

中に入ってみると、パネルの土方歳三がお出迎えしてたりと、
新撰組好きにはなかなかたまらない仕様になってます。

資料館の全部が新撰組関係なので、ぶっちゃけたまりません(笑)

来ている人たちもみな、新撰組好きばかり。

・・・・なぜか若い女性が多い。

これの影響か!!!!
薄桜鬼

薄桜鬼!!

アニメ・ゲームに詳しい人なら分かると思いますが、
「はくおうき」です。
新撰組隊士とラブラブになれる乙女ゲーですね。

実際、薄桜鬼の声優さんなども来てたみたいで、
回りからは薄桜鬼話題しか聞こえませんでした。

資料館の解説係りのおばちゃんも
「薄桜鬼の影響で若い女の子が多く来ている」
と言ってました。

ちなみに日野市限定の薄桜鬼のアイテムも売ってます。

スポンサードリンク

資料館の中

現在、資料館ではこのような企画展が行われていました。

DSC_0538
DSC_0538

こちらは撮影可だったのでちょこちょこ撮影。
こんな木刀もありました。
木刀

天然理心流
で使われていた木刀だそうな。

1階のメインの資料館は撮影禁止だったので画像はありませんが、
新撰組の衣装を着られるコスプレスペース?があったので、
そこで1枚(笑)
kosu

帰りにこんな本を見つけたので購入して帰りました。
同人誌?

DSC_0540
DSC_0540

結構いろんな資料があり、施設はそんなに大きくないですが、
楽しめました。

若い女性が多かったのに驚きました。
あと近藤 勇の髑髏Tシャツを着ているおじさんを見かけて、
この人は本物だと思いました。

ここ以外にも近場に新撰組の資料館はたくさんあるので、
日野市は新撰組めぐりなんかにちょうどよさそうですね♪

スポンサードリンク


メルマガ