子ども

サメ&マンボウ日本一の水族館、大洗アクアワールドに行ってきました。その2(写真多数)

DSC_0213

大洗アクアワールド日記第2弾です。
写真が多くなったので、2つに分けています。

その1はこちら→https://amakasu-net.asia/kodomo/2546/

マンボウ!!

サメゾーン、深海ゾーンを抜けると
こんな生きものが!!

DSC_0243

ヤツの名は
マンボウ!!

写真に写っていないですが、全部で4匹ほどいました。

マンボウっていつも波に揺られてゆらゆらしてるように見えるけど、
小魚とか捕まえて食べるみたい。

あんなスローペースでどうやって捕まえてるんだろう・・・。

スポンサードリンク

ちんあなご?

さらに進むと不思議なものを発見!
DSC_0248

DSC_0250

なんかよく分からないけど、ここのスペースで魚の生態の勉強と
ちんあなごのうた
が聞けます。

かなり頭に残る電波ソングです。
子どもたちもハマってました。

調べるとCDも売ってる模様。

他にも日本で最大級のマンボウの標本があったり。
DSC_0251

他にもいろんなものが。
DSC_0252
DSC_0254

数種類のサメの肌やマンボウの肌にさわれたりしました。
マンボウ思ったより固かったです。

奥に行くとキッズゾーンもありました。
DSC_0259

DSC_0264

室内だけど結構大きいアスレチックでした。
水族館に置くレベルじゃないです(笑)

遊べるのは未就学児までだったので、
お姉ちゃんは脇にあるおさわりコーナーで遊んでました。
DSC_0265

時間帯によってはネコザメとかにも触れるみたい。

横の水槽に居たウーパールーパー。
DSC_0263

平均寿命は10~15年!!
すごい長生き!!

出口付近には、淡水魚も充実!
水中生物も!
DSC_0268

貴重なウバザメの剥製。
DSC_0266

デカイ

入り口でお出迎えしてくれた鯨の骨格を横から。
指部分がちゃんと5本に分かれているのを発見!
DSC_0267

イルカショー

閉館間際に、ラストのイルカショーを見てきました。
すでにいっぱいで、「立ち見」看板が立っていたのですが、前のほうは結構空いてました。

なぜなら水がかかるから。

防御するものなんて無いのに娘っこの希望で3列目へ。

他の人はレジャーシートや合羽を装備。
こちとら丸腰親子。
濡れるとヤバいので写真はあまり撮れず。
DSC_0274

ここのショーはサービス精神旺盛?なのか、
大量にかけてきます、水を・・・

「あ、みんなちゃんと濡れ対策してるね。じゃあいくよ♪」
って感じでもう容赦なくイルかとアシカをつかってかけてくるので、
水を受けたくない人は後ろのほうで見ることをおすすめします。

うちらは上着を盾代わりに使いました。でも下はびしょびしょ。
DSC_0275

ショーはアシカもイルかと同じくらいジャンプしたり、
すごい見ごたえのあるものでした。

足を運んだらぜひショーを見てもらいたいです!!

そんなこんなで閉館時間になったので、帰りにお土産を買って帰りました。

まとめ

自分が行ったことのある水族館は、
福岡のマリンワールド、
八景島シーパラダイス
葛西臨海水族園
しながわ水族館
サンシャイン水族館
ですが、
その中では、1番楽しめたところです。
距離の問題をのぞけば通いたいレベルの水族館です。

今回は大雨で外の施設は見ていないんですが、
外にはペンギンやカビパラなんかも居るようです。

また天気のいい日にいきたいですね。

大洗アクアワールドおすすめですよ♪


メルマガ

サメ&マンボウ日本一の水族館、大洗アクアワールドに行ってきました。その1(写真多数)前のページ

せどりの仕入れのコツ、ミルフィーユ戦略とは?次のページ

【関連コンテンツ】

関連記事

  1. 子ども

    【箱根観光】屋外アートを満喫できる彫刻の森美術館へ【ピカソ館常設】

    今回、ゴールデンウィークは、箱根にある、彫刻の森美術館…

  2. 子ども

    大洗名物グルメ お土産にも最適な若大将シリーズ!?

    大洗の名物と言ったら何を思い浮かべますか?  アンコウ?…

  3. 子ども

    スカイツリー、自転車なら格安で混雑関係なくアクセスできる♪

    スカイツリー!!!!  日本一のタワーのスカイツリーですが…

  4. 子ども

    N BOXで東京から朝ドラ「まれ」の舞台、輪島へ行ってみた話~その2~

    金沢編長野で一泊して次は金沢を目指します!ルート的にはこんな感…

  5. 子ども

    混雑もだいぶ落ち着いた!?ハロウィン秋のアンデルセン公園へ。

      今回のお出かけは、子どもが大好きな船橋アンデルセン公園…

  6. 子ども

    船橋アンデルセン公園、2日間だけのクリスマスイルミネーションに行ってきました。

      船橋アンデルセン公園、普段は夕方までしか開園していない…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 子ども

    【子供も楽しめる】屋外アート「彫刻の森美術館」【箱根観光】
  2. せどり準備

    せどりのみちしるべ~0からはじめるせどり~その3~
  3. メダカ

    メダカの飼育ってどうやるの?(誰でも出来る簡単飼育・準備編)
  4. セドリーム

    せどりツールでセドリームがオススメである5つの理由
  5. 注意点

    ぼくたちの失敗~せどり仕入れ失敗の原因編~
PAGE TOP