情報商材とは

情報商材なかなか聞きなれない単語です。
簡単に言うと、その人の持っている知識や情報を
お金を出して買うことです。

普通に生活していたら買うことはありませんが、
せどりをしていると一度は見る単語です。

情報商材には無料有料があり、
内容も様々です。
初心者用にまとめた
「せどりの始め方」
から
「この本が売れる!」
などリスト化された内容の濃いものまであります。

スポンサードリンク

情報商材を買わないとせどりはできないのか?

もちろんそんなことはありません。
自分も始めた頃は情報商材なんて物自体知りませんでした。

どこで知ったかというと、
せどりをしている人のブログで知りました。
大抵ブログの左右どちらかにツールの紹介やこの情報商材の宣伝が
あるのを見ませんか?
中にはその商材についてブログを書いている人もいます。

どうやったらせどりで稼げるのか
探してるときに自分は知りました。

上にも書きましたが、せどりをするに当たって
絶対必要な物ではないです。

じゃあなぜこのようなものがあるのか?
そしてなぜ買う人がいるのか?


それはせどりを覚えるのに近道になるからです。

情報商材でせどりの近道

じゃあこの近道というのは何?かというと
誰もが最初せどりという言葉自体知らないのがほとんどだったと思います。

副業でせどりが儲かるらしい

とわかるとどうやって情報を集めますか?

大抵の人はネットで調べるんじゃないでしょうか。

そしてブックオフで108円本を買ってアマゾンやヤフオクで
高値で売るというようなことを知ると思います。

そして実際にやってみようと思い、より詳しく調べて行くと思います。
どうやって売れる本を見つけるか。
アマゾン、ヤフオクでどうやって売るのかなど。

始めのうちは知らないことだらけで、
色々と調べると思います。

そこで情報商材というものが出てきます。
たとえばアマゾンで出店するための情報を得ようと
あなたが様々なブログを調べたとします。
詳しく書いてあるブログを探すため何箇所も
見て周ったりするのではないでしょうか。

ここで情報商材の「アマゾンへの出店の仕方」
というものを手に入れたとします。
これぐらいだと大抵無料で手に入ります。

情報商材だとこれひとつで、
実際の登録手続きの画面の画像付きで
丁寧に1から解説しています。

つまり自分が時間をかけて見つけた情報が、
簡単に手に入るのです。

情報商材の最大の長所は、この時間の短縮にあります。

内容が濃いもの(具体的なせどり法方など)に
なってくると有料な物も出てきます。

お金を出して、調べる時間を買うと思ってください。
それが情報商材です。

次の記事に
「情報商材は信頼できるのか?」
という内容を書いています。
次の記事を読む

スポンサードリンク


メルマガ