この記事では、せどりをこれから始める方向けに、
せどりを始めるまでの流れを書いていこうと思います。

スポンサードリンク

せどりとは

せどりとはどういったものかというと、
自分が安く仕入れたものを、
より高く売れる場所で、
売る行為です。

売るものは「本」に限らず、
CD、DVD、家電と
様々なもので「せどり」
可能です。

一般的なイメージとしては
ブックオフでせどりした、
108円の本をアマゾンで
108円以上の値段で売って、
その差額で利益を得る

というのが一般的でしょうか。

せどりのやり方について調べると、
大体上記のようなことを
目にするのではないでしょうか。

実際にブックオフへ行くと、
単Cコーナー(108円の本の棚)
でせどりをしている人をよく見かけます。

基本的には、108円と仕入れ値も安いので、
ブックオフの単Cコーナーからせどりを始める人が多いです。

どうやって仕入れたものを売るのか?

仕入れたものを売る。
仕入れただけでは意味がありません。
いくらいい物を仕入れても
売らなければ収入にはなりません。

ではどこで売るのか?

Amazon(アマゾン)
ヤフオク(ヤフーオークション)

です。

アマゾンでは最初自分は知らなかったのですが、
一般の方も販売できるのです。
月額でお金がかかるのですが、
お金を払えば誰でもアマゾンで物を売ることができます。
全部お店を経営してる人がお店を出していると思っていたのですが、
せどりを始めて、初めてそのことを知りました。

次にヤフオクですが、
利用したことが無い人でも
一度は名前を聞いたことあるのではないでしょうか。

ここでも仕入れたものを売ることができます。
中にはアマゾンで売るより、
高値で売ることも可能
なものもあります。

アマゾンで売れないようなものもヤフオクで売れます。
例えば、最近コンビニでよく見る
「1番くじ」

「UFOキャッチャーなどのプライズ品」

特に1番くじなんかは余ったものをワゴンセールで
格安で売ってるコンビニもあったりするので、
要チェックです。

基本的にこの2つで仕入れたものを売っていきます。

別記事でアマゾン、ヤフオクでの出店方法を
まとめてますので参考にしてください。
ヤフーオークションの初めかた
出品編~その1~
出品編~その2~
出品編~その3~

アマゾン、大口出店までの流れ

次の記事へ

スポンサードリンク


メルマガ