個人でも費用は無料でkindleで出版できる!アカウントの登録方法を解説。

この記事は4分で読めます

個人でも簡単に本を出せる時代

今回、私自身がkindleで本を出版しようと考え、
アマゾンのkindle出版用のアカウントの登録を行いました!
 
昔は本を出版するなら、
出版社から出版を行うか、
自費出版などを扱っている印刷所から
個人で出版するなど、
出版するまで費用、時間がかかっていましたが、
kindleなどの電子書籍の登場で、
 
個人でも
 
 
無料で!
 
 
自分の作品を世に送り出すことができる時代になってきました。
 
 
今回は電子書籍の大手
アマゾン!
のkindleでの出版するための
 
登録手順について、
解説を行っていきます。
 

スポンサードリンク

 

登録手順

登録はこちらのURLから行っていきます。
https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/
 
 

 
 
登録はこちらのページから行います。
 
サインイン
 
ですが、
アマゾンでの買い物に使っているアカウントがあれば、
そちらのメアドとパスワードでサインインできます。
 
 
 

 
 
サインインした後、
規約の同意画面が表示され、
同意すると、
上記のようなトップ画面が表示されます。
 
出版に必要なアカウント情報が揃っていないので、
こちらを登録しないと本を出版することはできません。
 
ここからアカウント情報の登録方法を解説していきます。
 
まずは枠線で囲われている所をクリックしてください。
 
 

 
 
最初の住所氏名を入力します。
電話番号だけ、慣れないと難しく感じますが、
先頭に
+81
と入力してから電話番号を市外局番から入力します。
スマホや携帯の場合は
+81
を入力した後に、
080や090といった先頭の0を取った番号
+81の後に入力してください。
+8190-1234-5678
みたいな感じで入力します。
 
 

 
 
次に本が購入された際の売上金の
振込先を登録します。
 
所持している銀行口座の登録を行います。
 
銀行名、口座番号、支店番号、氏名(半角カナ)で入力します。
 
 

 
 
入力が完了したら、
税に関する情報
の入力を行います。
 
 
登録すると書かれたところをクリックします。
 
 

 
 
 
今回売り上げの振込先を楽天銀行で登録したのですが、
一部振り込みに対応していない国があったようです。
 
赤枠でくくった「詳細を見る」をクリックして、
対応していない国をチェックします。
 
 

 
 
チェックしてみると、メキシコとブラジルで購入された際の
売り上げが振り込みできないことがわかりました。
 
 
楽天銀行だと、この2か国から購入された場合は、
売り上げがもらえないのか?
というとそういうわけでは無く。

右下の
【はい】
をクリックした後、
画面が切り替わり、
 

 
 
この二か国については
小切手での支払いで対応されるようです。
 
 
問題無ければ、右下の
「保存」
をクリック。

 

 
 
するとこの様に、
新しい画面が表示されるので、
こちらも
「保存して変更」
をクリックしてください。
 
 
ここまででアカウントの個人情報の登録は完了です。
次はそのまま画面が切り替わり、
税務情報に関する記入になります。
 
 
 

スポンサードリンク

 
 
 

税務情報に関するインタビュー

 

 
ここから税務情報に関するインタビューに切り替わります。
 
こちらも特になにか設定するなどは無く、
チェックを入れたり、文字入力で済ませるだけでOKです。
 
 
 

 
 
まずは
米国人ですか?
と聞かれるので、
それ以外の国籍だったら「いいえ」を選んで、
保存して続行をクリックします。
 
 
 

 
 
次に氏名などを記入します。
 
 

 
 
 
注意点は名前で、
半角の英語で入力を行います。
 
 
 

 
 
次は住所の入力ですが、
こちらも英語表記です。
 
 
書き方がわからない場合は、
こちらで日本表記で住所を入力すると、
英語表記に変換してくれます。
 
http://judress.tsukuenoue.com/
 
 

 
 
次に郵送先の住所を聞かれますが、
記入した住所以外に届ける必要が無い場合は、
定住所と同一を選択します。 
 
 
 

 
 
多くの方が
「いいえ」
だと思いますが、
内容をよく読み、
仲介者の場合は「はい」を選択します。
 
 

 
 
こちらは国籍がアメリカ国籍かどうかについて
聞かれているので、
日本国籍で、
過去3年以内にアメリカに滞在したことが無ければ、
チェックを入れる必要はありません。
 
 

 
 
こちらも納税者番号が無い際は、
一番下の欄にチェックで。
 
日本だとマイナンバーかと思い調べましたが、
マイナンバーと納税者番号は違う物の様です。
 
 

 
 
特に記入ミスなど無ければ、
保存して続行をクリックします。 
 
 

 
 
ここからは税務情報に関する、
確認ページになります。
 
ちょっと小さくて見辛いですが、
間違いが無いかなどをここで確認を行います。
 
 

 
 
 
英語表記でわかりづらいですが、
白枠の中が記入した部分
になるので、
名前や住所のスペルミスが無いか
をチェックし、
保存して続行をクリックします。
 
 

スポンサードリンク

 
 
 

電子署名を行う

いよいよ最後の項目です。
ここを終えたらkindle出版の準備が整います!!
 
 

 
出版に当たり、署名する必要があるのですが、
ネット上で行うか?
紙に書いて郵送するか?

を選べます。
 
ネット上で署名することに抵抗が無ければ、
すぐに手続きが済む、
ペーパーレスを希望をチェックします。
 
 

 
 
こちらも問題無ければ、
電子署名提供に同意
の方をチェック。
 
 

 
 
こちらの項目はすべてチェック!!!
 
 

 
 
記入欄に署名を行い。
最後に
提出
をクリックします。
 
 
 
 
 
 
 

表示された内容に記入ミスが無いか確認し、
最後に、
インタビューを終了
をクリック!!!
 
これですべての入力が終わりました。
 
 

 
 

 
 
 
これにて完了です。
 
 
 

まとめ

今回は個人でkindleで電子書籍を出版するまでの、
一連の登録手順を解説しました。
 
出版社に頼らなくても、
個人で本が出せる時代になってきましたね♪
 
 
私も登録が完了したので、
なにかkindleで本を出版したいと思います。
 
 
目指せ未来の大作家♪ 
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー