プール

目が悪いと、いろいろと不都合な時って無いですか?
プールや海水浴など水が関連するレジャーって
メガネって邪魔ですよね。

自分も裸眼だと両方0.1無いんで、
泳ぐ時、メガネを外すと周りが全然見えません。

度入りのゴーグルなんかもあるんですが、
それをずっと付けてるのもアレだし・・・。

そんな時、メガネがなくても
はっきり見えるのがコンタクト!!
 
 
なんですが、
基本コンタクトを付けての海水浴などは
良くないとされています。
 
 
なぜなのか!?
 
 
今回はなぜ
コンタクトを付けたまま
プールや海に入ってはいけないのか
を解説していきます。
 

スポンサードリンク

 

なぜコンタクトを付けたまま水に入ってはいけないのか?

1つ目の要因

1つ目の要因として、
目に水が入った場合
コンタクトがずれたり外れたりする
ことがあります。
 
ずれるくらいなら付け直すことはできますが、
外れて落としたら、
まず回収することは不可能です。
 
落としたのが砂浜だったら、
運よく見つかったとしても、
キズがついてる可能性があるので危険です。

使い捨てなら無くしても十数円の損ですが、
ハードなど数ヶ月~数年タイプの物だったら
目も当てられません。
 

 
こういった落としての紛失などが、
装着したまま水に入ってはいけない要因の
1つ目になります。
 

 

2つ目の要因

2つ目の要因として、
目やコンタクトへのダメージ
あげられます。

プールの塩素や
海水、温泉など、
様々な成分に限らず雑菌がいる場合も。
 
 
ハードならそこまで問題無いのですが、
ソフトコンタクトの場合、
レンズに水分を含んでいるので、
目に水がかかると、
その水分も吸収してしまうんです。
 
 
海水や塩素を含んだままの
コンタクトを付けっぱなしにしておくのは
目によくないですし、
雑菌の付着したコンタクトで
目をずっとカバーしていることにもなります。

ばい菌
 

眼病になるリスクもあるので、
基本的には、
海やプールなどでの
コンタクトの装着はよくない

といわれています。
 
 

スポンサードリンク

 
 

どうしても付けたい場合は?

メガネだと不便だし、裸眼だと見えない・・・。

どうしてもコンタクトを付けて泳ぎたい人は
どうすればいいのか?
 
 
リスクの少ないワンデータイプを使用する
 
 
です。
 
 
たとえ外れて無くしてしまったとしても、
ワンデーなら複数用意していれば、
すぐに交換可能ですし、
濡れて雑菌が付いたとしても、
遊泳後に新しいものに換えれば、
眼病になるリスクも最小限に抑えられます。
 
 
無くした時のリスク、
眼病のリスクの低下、
両面でワンデーコンタクトは優れています。
 
 
注意点としては、
泳ぐ時はゴーグルを使用したほうが良い
ということですね。
 
 
本格的に泳ぐ人は付けている方は多いでしょうが、
海で遊ぶ場合もゴーグル(サングラス)を付けておくだけで、
目に水が入る確立がだいぶ変わってきます。
 
 
ちょっとしたことですが、
目は重症化するまで気付きにくいので、
目を大切にしましょう♪
 
 

スポンサードリンク

 
 

番外編:サウナやお風呂はどうなの?

ちょっと変り種のところで、
サウナでのコンタクトってどうなの?
です。
 
 
自分は全然ダメなんで、入ることはまず無いんですが、
利用されている方は多いですよね。(たぶん・・・)
 
 
というわけでサウナでのコンタクトについてです。
 
 
基本的には問題ありません。
 
 
 
ただどうしても乾燥しやすいので、
普段の生活よりズレたり、外れやすくはなります。
 
 
お風呂に関してですが、
基本、プールや海と変わりませんが、
シャンプーや石鹸などが、
コンタクトに付着するとよくない
(最悪そのコンタクトは使用できなくなるなんてことも)
ので、目に水が入らないように注意しましょう。
 
 
 

まとめ

コンタクトの普及により、
目が悪い人でも今まで以上に水のレジャーを楽しむことが
できるようになりましたが、
注意も必要
だということを今回の記事でまとめてみました。
 
 
水のレジャーのオススメは
ワンデーコンタクト一択
です。
紛失のリスク、
眼病のリスク
両面でGOOD!
 
 
 
普段はワンデーでない方も、
用途によってワンデーを使用すると
何かと便利ですよ♪

ではでは。

処方箋不要の激安コンタクト通販ショップは
こちら ↓