ワードプレステーマ【POSPA】記事下にアドセンスの関連コンテンツを入れるには?

この記事は2分で読めます

今回の内容は、
ワードプレスのテーマの一つ、
【POSPA】
にて、グーグルアドセンスの
関連コンテンツ
をテーマ編集でsingle.phpに入れる場所について
解説していきます。
 
 
 

スポンサードリンク

 
 

関連コンテンツとは?

この関連コンテンツは、
グーグルのアドセンスの一つです。
 
通常のアドセンス広告と同じで、
任意の場所に表示させることが可能です。
 
どういったアドセンスかというと、
トップの画像のように、
関連記事一覧の中に、
アドセンス広告を載せることができる機能です。
 
この記事一覧もアドセンスの機能で類似記事を抽出しています。
 
なので、このアドセンスコードを貼るだけで、
自分のブログの関連記事一覧が作れる仕様になってます。
 
 
このグーグルの関連コンテンツですが、
始めから利用できるわけでは無く、
ある程度のアクセス数、記事数を集めることで、
グーグルから使用許可が下りて利用できるようになります。
 
 
具体的な数字は、非公開ですが、
ブログを継続して書き続けて着実に成長させていったら、
許可が下りる可能性は高いです。
 
 

スポンサードリンク

 

POSPAに関連コンテンツのコードを貼る

関連コンテンツのコードですが、1記事1記事ごとに貼ることも可能ですが、
過去の記事がたくさんあると1個1個直すのはかなり手間です。
 
なので
テーマ編集
から直接
single.php
にコードを貼って、
投稿記事すべてにこの関連コンテンツが標準で表示されるようにします。
 
 
ワードプレスのテーマごとによって、
この貼る場所は変わります。
 
多くの方が利用しているテーマだと、
解説している方がいるんですが、
今回このテーマ【POSPA】では解説している人がいなかったので、
ここで解説していきます。
 
 
テーマを編集する際は
必ず元のテーマの内容を全文コピーしてテキストなどに残しておきます。
 
万が一貼り間違えたりした際、ブログが見れなくなったりします。
 
こういった事態が起きても、元のコードを残しておけば、
復元は可能です。
なので必ず残しておきましょう。
 
 

具体的な位置

貼り付け方は、
ワードプレスのダッシュボードから、
テーマを選び、テーマの編集をクリックします。
 
右側に太字でテンプレートと書かれている中で、
下段の方に
個別投稿(single.php)
と書かれたところがあるのでそちらをクリックします。
 
 
そしたら、この様な画面が開きます。
 

 
 
この個別投稿内に関連コンテンツのコードを挿入します。
 
 
準備としては、
グーグルアドセンスから
関連コンテンツのコードを取得します。
 

 
個別投稿のコードの中盤あたりに以下のような
コードの記載があります。 
 

 
 
この2行の間に、
グーグルアドセンスの関連コンテンツのコードを挿入します。
 
 

 
 
このコードを挿入し、
下にあるファイルを更新を押して、
保存します。
 
 
コードが上手く貼れているとタイムラグがありますが、
(数十分から数時間)
反映されると、
 

 
 
記事下のソーシャルボタンの下

POSPAの関連記事
の間に
関連コンテンツが表示される形になります。
 
 

これで完成です!!!
 
 
 

スポンサードリンク

 
 

まとめ

今回、ワードプレスのテーマ「POSPA」にて、
記事下に関連コンテンツを挿入するコード位置についてまとめました。
 
 
手探りでコード位置を探して、
ここが1番表示的にもいい場所で、
他の場所だとブログのバランスが崩れたりと、
うまく行きませんでした。
 
 
POSPAを使っている方で、
現在お悩み中の方は
ぜひ参考にしていただければと♪
 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー