今日はせどりをするにあたって、

どうやって売れる商品を見つけるか、です。

 

すでにせどりをはじめている方はそれなりに自分の仕入れ方を見つけてきましたか?

 

まだせどりを始めていない方でこれから始めようかと思っている方、

どうやって儲かる品を見つけられるかわからない方もいるでしょう。

 

スポンサードリンク

今日は、自分がせどりを始めた頃から、

利益が出るようになるまでの仕入れの流れを書いていきたいと思います。

自分の例を出すと、今現在ようやく利益らしい利益が出るようになりました。

日々仕入れを実際にすることで、どのジャンルから探すかなどが

自分の中でわかってきました。

 

確かにどのジャンルにも儲かるものはあるでしょう。

ですがその儲かるものが見つかりやすいところとそうではないところがあります。

 

なので店舗せどりだとしたら、まずは見つけやすいところから調べてから、

それから他をじっくり探す。

こうやって自分は仕入れてます。

 

 

ではどうやって仕入れるものを見つけ出すか?

 

 

手当たり次第相場を検索してください(笑)

 

 

もうこれが1番です。

 

 

自分がわからないものでも、とにかく検索です!

 

 

検索とは何ぞや?という方。

無料有料ツールでアマゾンの相場がわかるものがあります。

これを使って相場がわかります。

 

まだ始めていない方でスマホを持っている方、

アプリ(google playなど)で「amazon」で検索すると

アマゾンの公式アプリで、

内蔵カメラでバーコードを読み取りアマゾンでの値段がわかるアプリがあります。

まだツールを持っていない方は試しにこれで試してみてください。

 

 

 

基本的に初心者の方、これから始める人ほどツールは必須です。

自分で相場を調べて仕入れリストを作っても、

それが店舗にある可能性は低いです。

ツールならその場で、すべての物の相場がわかります。

 

たまに目利きで棚からひょいひょいと抜いていく人もいますが、

余程の知識が無いと出来ません。

 

じゃあ、その知識を得るためには何が必要か?

日ごろの下調べによる知識と、自分の売れたものからの知識によるものです。

 

仕入れて売れたものってなんとなくでも覚えてるものです。

そういったものだったら、自分でも目利きせどりできると思いませんか?

 

 

そのためにまずは何でもいいから仕入れることが大事なのです。

スポンサードリンク

 

 

で、はじめに戻りますが

まずはツールを用意することです。

 

せどり、ツール」とネットで検索すると色々出てきます。

色々とツールのページを読んで使いやすそうなものを選んでください。

無料でも構いませんが、有料のほうが断然性能はいいです。

 

自分は

セドリーム」

というツールを使ってます。

 

なぜこのツールを選んだかというと、

買い切り方

ブックオフのインストアコードが読める

アマゾンにあるものすべての相場がわかる

からです。

 

まず買い切り方と言う点。

基本的にツールは月額課金のものが多いです。

毎月4千円以上というのがザラです。

ほとんどの方がせどりでアマゾンの大口出店を考えていると思います。

ということは

アマゾン出店代5000円+ツール代4000円=9000円(大まかな見積もりです)

少なくとも1万円前後は毎月仕入れ値以外に差し引かれるわけです。

セドリームは買い切り方なので初期投資だけであとはお金がかかりません。

サポートは大丈夫?と言う方もいるでしょうが今のところ問題は無いので、

そのあたりも問題ないかと。

 

 

次にブックオフのインストアコードが読めるです。

これ、結構重要です。

インストアコードって何?って方、

ブックオフに行くとわかると思いますが、

ブックオフのバーコードがついている値札シールです。

 

このバーコード部分、本やCDについているバーコードと違って、

ブックオフだけで使われているバーコードなので、

普通のツールで読み込んでも、読み込めないんです。

商品についているもとからのバーコードが見えればいいんですが、

最近はうまいことそこに重ねて値札シールを貼ってきたりしてます(笑)

なのでインストアコードが読めるというのは

ブックオフせどりをする場合は非常に重要になってきます。

 

 

最後にアマゾンにあるものすべての相場がわかるです。

これ、意外と知らない人もいるんですが、ツールによっては、

本、CD、DVD(ゲーム)しか調べられないものとかあります。

セドリームはアマゾンにあるものが対象なので、

バーコードさえあれば、服から家電まで相場がわかります。

セドリームのホームページにも書いてますが、

ドンキホーテから家電量販店、果てはコンビニまでもが対象となります。

ここもこのツールの強みですね。

 

 

ただ欠点もひとつだけあります。

読み込んでからの検索まで時間が他に比べて長いです。

これも検索方法で解決できるので自分は苦にしてません。

 

 

自分はセドリームを使ってますが、皆さんは自分の目で調べてみて、

自分にあったものを選んでみてください。

 

 

 

あと、バーコードスキャナ。

これも結構役に立ちます。

一個一個内蔵カメラでスキャンしても構わないんですが、

あるとないとでは検索できる数にずいぶん差が出ます。

本格的にはじめられる方はもちろんですが、

副業に空いた時間にする方も、

効率が全然違うのでぜひそろえてください。

 

ただ最近はバーコードスキャナを使った検索を禁止してる店も増えてきてます。

そういうところは目利き勝負が物を言います。

そういう場合は、ちょっと遠出してでも使える店を見つけてください。

 

 

 

長くなりましたが、商品を仕入れるためには、

まずその物の相場を知る必要があります。

知識はもちろんですがツールを使うことによって、

どんな初心者でも仕入れはできます。

 

 

次回はより仕入れるものの基準を書いていきたいと思います。

最初はいくらか初期投資が必要ですが、

その分効率があがります。

効率が上がると仕入れるものが増えて、売れる物も増えます。

すると初期投資した分もあっという間に戻ってきます。

 

せどりをやるぞ!と決めたなら必要なものは手に入れてください。

自分の場合はスマホからの投資でした(笑)

せどりのためにスマホを買ったようなものです。

なのでまだスマホ暦4ヶ月ちょいです。

 

 

 

最後に自分がせどりのために買ったツールの紹介を。

自分はこれを使ってせどりをしています。

 

 

 

 

セドリームのレビューを公開中

 

 

 

スポンサードリンク


メルマガ