前回に続き、0からはじめるせどりを書いていきます。

スポンサードリンク

どうやって仕入れるのか?

売るものを仕入れるには、
仕入れられる場所が必要です。

候補に挙げられるひとつとして、
ブックオフ
が挙げられます。

理由としては、
比較的安く仕入れられる
物が多い

でしょうか。

本だけでなく、CD、DVD、ゲームもあります。

別にブックオフだけでなく、他の店舗でも
もちろん可能です。
個人経営の古本屋でもできますし、
何かしらの中古屋があると仕入れしやすいです。

新品だと薄利多売の傾向が強くなるので、
最初に新品せどりはやめた方がいいでしょう。

せどりを始めようと思ったら、
まずは自分の行ける範囲に
お店があるかを確認してください
仕入れられる場所がないとせどりはできません。
できれば1店舗だけでなく、複数あるのがベストです。

仕入れられる場所を見つけたら、仕入れの準備!

近くに店舗を見つけたら、どういったものがあるか実際に行ってみましょう。
この時、用意するものとしては

携帯(スマホorガラケー)
せどり用ツール

この2つがあればできます。
むしろこの2つが無いと
できないと思ってください。

ツールに関しては無料有料がありますが、
無料のものに関してはあまり精度はよくないです。
スマホだと
「セドロイド」
というツールが無料でグーグルプレイストアから
ダウンロードできるのでお試しとして取得してください。

ただこれからせどりをやっていこうと考えているのでしたら、
有料のツールを購入してください。

ツールの使い方としては
ISBN4~と続く数字の列をツールに打ち込むか
カメラ対応ツールだったらバーコード部分をカメラで読み込むと
その商品の相場を調べることができます。

これらを用意してお店に出向き、
実際になんでもいいのでツールで調べてみてください。

本だと大体1円
出るんじゃないでしょうか。
500円以上出たら当たりと思ってください。

何個も検索していると1円がほとんどです。

せどりはこの繰り返しです

とにかく検索検索!
当たりが出るまで検索!

大抵の人がめんどくさいと
思うんじゃないでしょうか。

本を手にとって、数字を打ち込んで、検索
・・・・1円本、はずれ。

自分はDVDメインですが、棚1個調べて当たりは1個もしくは0というときも
よくあります。

はっきり言います。
ぶっちゃけめんどくさいです。

だけどこのめんどくさい作業を大幅に省略する方法があるんです。

バーコードスキャナ

これを使うだけで劇的にこの作業時間を省略できます。
15分もあれば棚1個全部検索して、細かい相場チェックもできます。

自分は携帯にポチポチと数字を打ち込む作業が嫌だったので、
すぐに買いました。

効率がぜんぜん違いますのでお勧めです。

あとこのバーコードリーダー。
隠れた要素もあって、
他のせどらーさんを排除する力を持ってます(笑)

どういうことかというと、
大抵のせどらーさんて副業なのかちまちまと一個一個手にとって
打ち込んで検索してる人ばかりです。
そんな中、バーコードリーダーでせどりを始めると、
大体の人はせどり辞めてどこかへ行っちゃいます。

「だって敵わないんだもん」

向こうが一個一個検索してるうちに反対から始めても、
すぐに追いついちゃいます。
それくらい速さが違います。

なので
せどりをやるぞ!!
と決めたなら、買って損は無いでしょう。

仕入れの基準

仕入れの基準は人それぞれです。
自分は500円以上利益が出るようだったら、
仕入れるようにしています。

よくせどりの動画で、
「この品!なんと仕入れ値と5000円以上の差額です!
1万円以上の差額!」
とかありますが、
こんなものはまず滅多に無いです。
3店舗以上全頭検索(すべての本(CD、DVD)を調べること)をして、
1,2本見つかればいいほうです。

なので
「せどりってこんなに儲かるのか!」って思ってると痛い目みます。

基本は数百円~千円程度の利益の積み重ねと思ってください。

次はランキングについてと仕入れた物の売り方です。
ヤフオクに関しては前回の記事で参照ページを貼ってあるので、
そちらをご覧ください。
ここからはアマゾンでの売り方です。
次の記事へ

スポンサードリンク


メルマガ