情報商材は詐欺?良い物悪い物の見極め方ってあるの?

この記事は4分で読めます


 
 
今回は情報商材についてです。
 
 
情報商材、
私もこれまでに
いくつか購入しています。
 
 
そして、
発表したりしてます。
 
 
知り合いのせどらーさんなんかに聞いても、
ほとんどの方が一つは購入されたことがあるみたいです。
 
 
で、この情報商材なんですが、
実際に
詐欺商材はあるのか?
ということについてです。
 
 

 

確かに存在はする

確かに中には、
あやしいなぁ
と感じる物は存在します。
 
でもそう感じるのは、
ある程度ネットビジネスの知識がついてきてからわかるのであって、
その時期になると教材の購入の頻度は下がっていきます。
 
 
じゃあ、ネットビジネス初心者はどこで判断すればいいのか?
 
 

スポンサードリンク

 
 

ネットで調べてみる

よくやる調べ方で、やりがちなのが、
 
「教材名 評判」
「教材名 詐欺」
「教材名 レビュー」

 
などだと思いますが、 
これってなかなか当てにならないことが多いです。
 
 
何故かというと、
 
炎上商法の的だから
 
です。

 
炎上商法ってどういった物かというと、
教材だと、
この教材は詐欺だ!絶対やめとけ!
と、とにかく中傷します。
 
で、読者がいい感じに
「この教材はダメな教材なんだな」
と思ってきた所に、
「この教材は詐欺だけど、こっちのBの教材は本物です!」
と別の教材を勧めます。
 
読者の方も、こういった記事が他のブログでもたくさん並んでいるので、
「あ、みんなの言うことが正しい。じゃあこっちで薦められているBの教材を買おう!」
ってなるわけです。

 
だから最後に
別の教材を勧めたり、私のメルマガを読んでください!
というのは、
自分のモノを売りたいため、真偽はわからなくても詐欺と言っていることが多いです。
 
最後に別教材などを勧められたときは、
一呼吸置いて、すぐに購入するのは避けましょう。
それはあなたが最初に興味を持った教材ではありません。
 
 
最後に教材を宣伝してなくて、
稼げなかった!!
とこの教材について詳しく書かれていることもあります。
 
たしかにこちらの方が信用度はアップしますが、
まれに、教材通りの事をせずに途中で挫折して「稼げなかった」という人がいるので、
そこだけ注意です。
 
 

販売者の名前で調べてみる

以前にも教材を販売したことがある方なら、
過去の教材の評判やその人の評判を調べやすいです。
 
半年1年前の教材となると、サポート期間終了、販売終了となっている物も多いので、
比較的信頼性の高い内容が多いです。
 
あとは本人のブログなどあれば、
そこから
「この人はどんな人だろう?」
と見ることができます。
 
あとはこちら、ビジネス系の雑誌で、
「ビッグトゥモロウ」
という雑誌があるのですが、
こちらに関しては取材される方は実際に稼いでいるのか
真偽のほどを編集がかなり調査するようなので、
本人の実績に関しては間違いないと思われます。
 
 

古い教材はやめた方がいい

内容がいい教材は数年販売が続くことがありますが、
こちらをメインのつもりで購入するのは、
辞めた方がいいです。
 
ネットに限らず、世界は日々動き続けています。
以前は使えたノウハウも今は情報が古すぎて使い物にならないノウハウもあります。
 
ただ基礎的な部分(稼ぐためのマインドなど)は、良い教材どれも共通して教えている根幹的な所があるので、
そういうのを知るのには非常に参考になります。
評判がいいけど古い教材は教科書ではなく参考書といったイメージです。
 

スポンサードリンク

 
 

真偽まとめ

ほとんどの教材に炎上商法は乗っかってきているので、
評判だけで判断するのは難しいですが、
人気の教材ほど、炎上系ブログは多いので、
その多さが逆にこの教材は本物だと!
確信する要素にもなってきます。
 
一つ注意点としては、
売り文句に
・すぐできる
・1日○分
・1か月で100万円!

 
など教材の内容より、
簡単に稼げます!
を押しているのはちょっと注意が必要です。
 
あとは
ツールがメインの教材
ですね。
 
ツールってノウハウでは無いので、
ツールのサービスが停止したら、買って3日でもそこで終了です。
 
あと購入した人、全員が同じツールを利用するので、
全員に同じ結果が出るので、物販だと簡単に飽和します。
 
ツールって便利なんですが、頼っちゃうとスキルが付かないんで、
そこだけがネックです。

 
・本人のブログや過去の教材などを確認
・内容より楽して稼げる!を押している宣伝
・販売が古い物は気を付ける
 
 
基本はこんな具合かなと。
 
 

教材ってレベルが高くて難しそう

教材って難しそうと思う人がいるかもしれませんが、
多くの教材は、
0から始める人向けに作られています。
 
何を登録して、何をすれば始められるのか?
から親切に解説されています。
これが古い教材だと、登録の仕方が変わってたり、サイトが消えていたりなどあるので
そこだけ要注意です。
 
だから
興味をあるけど、何から行えばいいのかわからない
 
その1ステップ2ステップを解説するのが教材です。
 
 
素人から1人前になるための物だと思ってください。
自動車学校の教本と同じです。0から理解して1人前になる感覚ですね。

 

興味を持ったらまずは買ってみる!

自分がやってみたいビジネスの教材があったら、
その中からピンと来たものを、まずは買ってみましょう。
 
この時の注意点としては、
買うのは一つだけ!
色々買うと気がそれてしまう。
ボリュームが多すぎるのは辞めておく!
動画何十時間!PDF何百ページ! 途中で飽きます。
稼げる額が何十万何百万単位の教材!
0から稼ぐのに規模が大きすぎて、頭がついていけません。(稼ぐ自分がイメージしにくい)
 
そして1番の注意点は、
必ず実践(行動)すること
 
 
これ、実践しなかったら意味無いです。
読んで満足のノウハウコレクターにはならないでください。
 

 
 
読んだだけでは稼げません。
 
 
内容を実践し、考え、自分の中に落とし込んで、それが、
スキルになり、
稼ぐ力になっていきます。

 

 
特に無料だからやってみようではなく、
お金を出す、という行為に及んだからには、
それなりの覚悟(やる気)があって購入したはずです。

 
その自分に対する先行投資を無駄にしないようにしましょう。
 
 

スポンサードリンク

 
 

よくある勘違い

よくある勘違いとして、
1番多いのが、
購入して1月で楽して満足な結果が出る
と思っている方が多いです。
 
このブログでもよく言っていますが、
1か月目って普通の仕事で言ったら
研修期間であり、見習いです。

 
ネットビジネスだから楽に稼げるというイメージを持たれる方が多いですが、
ネットビジネスもビジネスです。
 
そこは変わりありません。
 
なので1か月目でうまく行かなかったからと言って、
すぐ辞めてしまう方がすごく多いですが、
半年は研修期間だと思って、
1つの教材を続けていってもらいたいと思います。
 
 
基本的に製作者に嘘を言っている人は少ないです。
自分がやってきた過程をまとめています。
私も自身の教材はやってきたことをまとめて、如何に早く結果につながるかを考え、
寄り道した部分は省いてまとめています。
 
私自身はこうやって稼いできた!
 
教材はある意味、その人のネットビジネスの自伝に近い物なんじゃないかなと私は思います。
 
 
ネットビジネスはコツコツ積み重ねることで財産になっていく、
最高のビジネスです♪
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー