ネットビジネスの始め方『せどりとはどういったもの?』

この記事は5分で読めます

 
 

『ネットビジネスきっかけ作りコンサルタント』の[br num=”1″]甘粕 豊です。[br num=”1″]今回はせどりについて解説していきます。
 
 

せどりとは?

せどりとは、簡単に言うと
 
安く仕入れて、高く売れるところで売る
 
ビジネスになってきます。
 
 
よくせどりと転売ヤーってなにが違うのか?
と話題になることが多いですが、
私のイメージとしては、
 
せどり
無数にある商品の中から価格差のある物を見つけ出し、
高値で売れるところで販売する。
 
 
転売ヤー
ライブのチケットや新発売のゲーム機など、需要が供給を上回り、価格が高騰しそうなものを、
あらかじめ確保しておき、高値になってから販売する。
 
 
といったイメージです。
 
 
卸業者などを使わなくても小売店から仕入れて販売するので、
特別なツテなど無くても個人で簡単に始めることができます。
 
 
 

販売先

販売先はネットを利用します。
実際に店舗を構える必要が無いので、
そういった点でもネットでの販売はかなり敷居が低く始められます。
 
個人でネットショップを開設するのもいいですが、
コストがかかる上に、最初から集客は望めません。
 
なので、集客がすでにできている所に間借りして商品を販売する形になります。
 
 

ヤフオク

個人でも簡単に売り買いできる代表格として、
「ヤフーオークション(ヤフオク)」
があります。
 
 
いくらか月額料、手数料を取られる形になりますが、
多くの方がヤフオクを利用しているので、
購入される確率は格段に上がります。
 
またオークション形式なので、
当初の見込みの販売価格より高く販売できる可能性もあります。
 
 

アマゾン

あまり一般的には知られていませんが、
アマゾンで個人が出品することも可能です。
 
 
ネットショップ最大手のアマゾンで販売するので、
集客力は計り知れません。
せどりをやっている多くの方(せどらー)がアマゾンを利用して販売しています。
基本は仕入れた物はアマゾンで販売するという認識で構いません。
 
 

その他ネットショップ

有名どころでは楽天市場、ヤフーショッピングなどありますが、
手数料も高く、アマゾンに比べると集客は望めません。
販売経路の拡大で利用するのはいいですが、ここだけでの販売は辞めた方がいいです。
 
ほか最近ですと、フリマアプリでの販売も可能です。
大手だと「メルカリ」「フリル」「ラクマ」などがあります。
 
パソコンとスマホ、お互いにネットで購入する層は変わってくるので、
こちらでの販売も有効です。

 
 

仕入れ先

仕入れ先は、商品が売っている所ならどこでも可能です。
仕入れをするジャンルにも依りますが、
物が売っているならどこでも仕入れ対象になります。
 
家電なら大手家電ショップ等が対象になりますし、
おもちゃはトイザらスなどの玩具ショップ、
中古商品ならブックオフなどであれば、本、CD、DVD、ゲームなど
一通り売っています。
 
チェーン店のみならず、
個人でやっているような小さな家電ショップ、中古ショップ、
質屋などでも仕入れは可能です。
 
また地方に行った際などに、
その地方のご当地物なども仕入れ対象になることがあります。 
 
 
また実際の店舗まで仕入れなくても、
他のネットショップで仕入れて、アマゾンなどで販売する、
電脳仕入れ
という方法もあります。
 

仕入れのやり方

仕入れる際、なにも判断できる物が無ければ、
仕入れを行うのは不可能に近いです。
 
経験を積んでいけば、
過去の販売実績などから、見ただけでこれは仕入れて売れる!
という目利きせどりも可能になってきますが、
最初からそれを行うことはできません。
 
 
ではなにを利用して、
仕入れられるかどうか判断するのか?
 
 
それは
スマホ
です。

仕入れ先でネットを利用できる端末であれば何でもいいのですが、
スマホは携帯性も良く、ネット接続のスピードも速いので、
基本はスマホで仕入れられるか判断していきます。
 
 

スマホでどうやって判断するのか?

ただスマホで闇雲に検索してみても、
余計な情報ばかり入ってきて判断できません。
 
スマホで判断する際は、
主にここを見て仕入れの判断を行います。
(アマゾンで販売することを前提での説明です) 
 
モノレート
 
 

 
 
モノレートは検索した商品が、
アマゾンでいくらぐらいで売られているのか?
月に何本くらい売れているのか?
出品者は何人くらいいるのか?

をグラフ化して表示してくれるサイトです。
 
手元の商品がアマゾンでの価格より安く手に入るのか?
この商品は実際にアマゾンで売れているのか?
出品者の数が需要数よりかけ離れて多くないか?

 
などを判断し、
仕入れ可能かどうか判断します。
 
 
言葉にすると難しく感じるかもしれないですが、
チェックポイントは3つほどだと思えば、
すんなり取り組めます。
 
 
アマゾンのサイト
モノレートを見て、仕入れできそうだ!と判断したら、
アマゾンの商品ページを確認します。
 
モノレートもリアルタイムでの反映ではなくいくらかタイムラグがあるので、
実際に価格に変動は起こっていないか?などをチェックします。
 
アマゾンの商品ページを見て、
他の出品者との価格を考慮し、
「この手元の商品、アマゾンでこの価格で販売した際、
利益が出るか判断して、最終的に仕入れるかどうか判断します。」
 
 

 
 

 
ツール
こういったモノレート、アマゾンでの詳細での確認などを、
簡単に管理して、仕入れできるかどうかをより直感的に表示してくれる
せどり用のツール
も存在します。

私も今まで複数のツールを使ってきましたが、
無料有料のツールがありますが、
有料の方がお金を取る分、性能・サポートは段違いです。
 

私は最終的に、せどり風神というこの下記アイコンのツールを
使っていました。無料でも使えますが、有料の方がサービスは増えます。
(詳細はアイコンをクリック)

 
 
ツールを使えば、ツールが仕入れ可能かどうか判断してくれるので、
初心者のうちは重宝します。
慣れてきたら自分で判断できるようになるので、
ツールを使わない仕入れもできるようになってきます。
 
 
 
仕入れの方法としては、
商品を
ツール、モノレート、アマゾンの商品詳細
などで利益が出るか売れる物であるかを判断し、
利益が出る商品であれば仕入れていきます。
 
 

 
 

せどりで使う備品

詳しくはこちらで解説しています。
 
『せどりをするために揃えた物一覧表』
 
 
仕入れで使う物としては、
スマホさえあれば可能です。
 
中古商品を扱う場合は、
扱うジャンルによって、クリーニング用の備品の内容もいくらか変わってきます。
 
 

仕入れできるカテゴリ

新品中古によって変わってきますが、
中古品は仕入れ単価も安いので、始めやすいジャンルです。
 

CD(2017年現在アマゾンでの新規出品不可)
DVD
ゲーム

 
 
新品だと
家電
玩具
コスメ

 
等が仕入れしやすいジャンルです。
 
 
仕入れ単価も関係もありますが、
自分自身が好きなジャンル、
家電好きなら家電。
映画が好きならDVDなど。
をメインにしたら、そのジャンルの知識も付きやすいので、
ライバルに差をつけることができます。
 
 

せどりに向いている人

ネットでの仕入れに特化してしまえば関係ありませんが、
基本店舗を回って仕入れを行うので、
出歩くのが好きな人、ウィンドウショッピングが好きな人
が向いています。
ご年配の方の中には、運動を兼ねてせどりを行っている人もいます。
 
仕入れる物によっては、家電など車が必要になる場合もあります。
 
 
アマゾンを利用するなら、在庫はアマゾンに保管できますが、
納品するまでの商品は自宅などで保管する必要があります。
なのでジャンルにもよりますが、ある程度在庫が置けるスペースが必要です。
 
 
すぐにお金が欲しい人。
せどりは物販なので、売れたらすぐお金になります。
ヤフオクでしたら、入金があればすぐ入ってきますし、
アマゾンも2週間に1度入金があります。
 
売る物を買う必要があるので、
先行投資が必要ですが、
売れたらすぐお金になるので、
非常に即金性が高いです。
 
 

 
 

まとめ

今回、ネットビジネスの中で「せどり」というジャンルに絞り、
せどりの始め方、概要を解説していきました。
 
ネットビジネスの中でも、
結果が出やすいジャンルなので、
まず手始めにせどりから始めてステップアップしていくのもいいですよ♪
 
 
このせどりに関しては、
せどりの始め方からサポートしていく、
コンサル等も行っています。
 
せどりに挑戦してみたいけど、
一人だとどうすればいいのかわからない
などありましたら、
ご連絡ください。
 

 
※せどりコンサル詳細
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー