容量無制限にクラウド上に写真が保存できる!アマゾンプライムのサービスが凄い!

この記事は3分で読めます

写真はドコに保存する?

デジカメやスマホで撮影した写真ってどのように保存していますか?
 
パソコンや外付けのハードディスク?
USBメモリやDVD-Rですか?
 
 
中にはクラウドサービスを利用して、
写真を保存している方も多いのではないでしょうか。
 
 
撮るだけ撮って、スマホやデジカメのメモリーカードの中が
一杯になっているなんてことになってないですか。
 
 
私は、写真データを、
クラウド上に保存しています。
 
 
クラウド上に保存するメリットとして、
パソコンでもスマホでも、
そのクラウドに接続できる機器があれば、
場所を選ばずにどこでも写真を見ることができるからです。
 
 
でもクラウドサービスって基本有料です。
無料で使えるものもありますが、容量が少なくすぐにいっぱいになってしまう・・・。
 
 
今回、紹介するのは、
特典の一つ
として、写真を容量無制限でクラウド上にあげられるサービスです。
 
 
前にパパ友と話していた際、
写真の話題になり、その時誰も知らなかったサービスなので、
今回ここで紹介したいと思います!
 
 


 
 

アマゾンプライムはここまで進化していた!?

私が利用しているクラウドサービスですが、
アマゾンプライムのサービスの一つです。
 
アマゾンプライムって有料じゃん
 
って感じるかもしれませんが、
年額3900円
で、

プライム商品の送料が無料
プライムビデオ見放題
プライムミュージック聞き放題
kindleでも無料で本が読める
ファミリー会員登録していればオムツなどお得に買える

これにプラスして、
写真も無制限に保存できるってかなりお得じゃないですか?
 
 
一時期、保存場所にone driveなど利用していましたが、
無料ではすぐに容量一杯になってしまい、
自由に使えるようにするためには、
年額1万円以上支払わなければいけないサービスがほとんど。
 
同じ保存するなら、
安くて他サービスが充実している方がいいですよね。
 
パパ友さんもそうでしたが、
アマゾンプライム会員でも知らない人がほとんどでした。
 
今回は、
意外と知られていない、
アマゾンで写真を保存する方法について解説していきます。
 
 

スポンサードリンク

 
 

まずはプライム会員に

アマゾンに写真を保存するためには、
プライム会員になっている必要があります。
 
 
月1回でもアマゾンで買い物をするなら年会費払ってもじゅうぶんなサービスなので、
プライム会員になっていて、損はありません。
映画や音楽も無料で利用できますし。
 


 
 
ではどこからこの写真保存サービス、
Amazon drive
を受けるかと言うと、こちら
 

 
 
アマゾンのトップページから、
アカウントサービスの所にマウスのカーソルを合わせると、
上の画像の様に画面が開きます。
 
枠で囲った所がAmazon drive(無料のストレージ)になっています。
このAmazon driveをクリックします。
 

 
するとこの様な画面に切り替わります。
 
Amazon driveはプライム会員なら
写真(画像ファイル)は無制限にアップロードできます。
 
動画など画像ファイル以外は5ギガまでと決まっていますが、
写真保存場所としては優秀ではないでしょうか。
(追加料金を払えば動画なども無制限で保存できるように)
 
 

 
 
今現在の私の使用量は、上の様な感じです。
 
 
アップロードの方法ですが、
Amazon drive右上に表示されている、
「アップロード」
 

 

をクリックするか、
直接このページ上に、
写真データか写真のフォルダをドラッグすることで簡単に保存することが可能です。
 
 
また、スマホアプリでも
Amazon driveがあるので、
そちらからアップロードすることも可能です。
 
 

 
(注意点としてwifi環境でアップロードしないと結構な通信料になります)
 
 
 

まとめ

アマゾンを月1回以上利用するなら、
プライム会員になった方がお得というだけでなく、
その会員なら、
動画見放題
音楽聞き放題
kindleでも無料本の配布

だけでなく、
写真の保存も無制限で行えるサービスまで付いてきます。
 
 
プライム会員だけど、気づかなかった方、
写真の保存場所に困っていた方、
Amazon driveは非常に使い勝手がいいですよ♪
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー