ライバルいない!?新品せどりより中古せどりが飽和しにくい理由

この記事は3分で読めます

今回は中古せどりが飽和しにくい理由について書いていきます。

せどりには大きく分けて、新品せどり中古せどり
二つにわけられます。

で、この中古せどりですが、
私自身も中古せどり(DVD)を約3年ほど続けていますが、
仕入れの際にライバルが多い、出品者もライバルが多くて売れないという経験は
ほとんどありません。

 
それでも一時期、ブックオフせどりが流行った際は、
せどらーさんも増えたのですが、

クリックポストの廃止、
ワンデーの廃止、
ツールの使用禁止などで、

気づいたらほとんど見かけることは無くなりました。
本せどりなんかは当時結構見かけたのですが、
今ではほとんど見かけません。
DVDせどりはブックオフせどりが流行ってた当時から変わらず
1か月に1人見かけるかどうかの人数です(笑)
 
 

スポンサードリンク

 
 

中古せどりに手を出さない理由 

 
中古せどりをやる人が少ない理由として、

・中古ショップもアマゾンの価格を意識しだした。
・ツールだけに頼ると仕入れられない。
・検品が大変。
・新品のように同じ商品を大量に仕入れられない。

などが挙げられます。
 

特に新品と違う点は、
新品の場合だと、1つ見つけたら同じ商品を在庫がある分だけ仕入れられますが、
中古だと基本同じ商品は1つしか置いてないので、
新品に比べたら仕入れられる物を複数探す必要があります。 

また別の点では、 
今でこそせどりの仕入れ用ツールはたくさんの種類が登場していますが、
このツールって基本的には【新品】を意識して作られています。
 
もちろん中古でも使用は可能ですが、
中古の場合は最安値での販売が前提での本せどり以外は、
ツールからだけでは完全に判断できません。
(可能だが精度の高い仕入れは不可能)
 
よく私の方に中古せどりの相談される方も、
「店舗で検索しても仕入れられる物が見つからない。
どんなツールを使ってますか?」
と聞かれることが多いです。
私はツールを使ってないので、
「モノレートとアマゾンの商品ページで調べています」
と答えています。
 
一時期、ツールを利用していた時期もあったのですが、
ツールを利用しても、最終判断はモノレートとアマゾンのページで
行います。
ということは、このツールが無くてもできるわけです。
逆を言えば
『ツールだけだと仕入れられない』
とも言えます。
 
このツールが使えない。
「簡単に楽して仕入れられない」
というイメージから、
ツールが使えないなら中古はいいや、
と諦めてしまう方も非常に多いです。
 
 

スポンサードリンク

 
 

中古せどりのメリット

 
では逆に、中古せどりのいい所として、
何があるかというと、

・最安値で販売しなくて良い。
・新品と違ってメーカー、問屋がいない(大量出品者)
・新品に比べると単価が安い

 
などが挙げられます。
 
特に最安値で販売しなくても売れるのは大きく。
新品ではどうしても売る為には
最安値勝負になってしまい、
価格競争が激しくなり、利益がほとんど出ないけど売らないと赤字
ということも多々あります。
一時期、新品せどりもやっていたこともあったのですが、
その当時は問屋さんから仕入れていたのですが、
その問屋さんもアマゾンで出品していたんです。
問屋さんが出している以上、価格では勝てません。
そんなこともあり、新品せどりはそれ以来行っていません。
新品と違い、
中古はコンディション勝負になるので、
最安値より2倍以上価格が離れていても状態が良ければ、
それで購入してもらえます。
 
販売する価格を最安値ではなく、アマゾンの商品ページなどから
自分で判断する必要があるのですが、
最安値で勝負しない以上、その分1本当たりの利益率も新品に比べたら
高くなります。
 
この様に中古のメリットデメリットとしては、

メリット
新品より利益率が高い
デメリット
ツールに頼れない

という点が出てきます。
 
 
特にこのツールが使えない、
『自分で判断する』
という点を嫌う人が多いので、
参入者も少なく、ライバルが飽和することは今のところありません。
 
でも逆に言えばツールに頼らず、
自分で判断できるようになれば、
ライバルも少ない。
利益率も高い。
せどりを行えるということです。

 

スポンサードリンク
 
 
 

まとめ

基本的に人は面倒くさいことを嫌います。
できるだけ楽な方へ楽な方へと流れるものです。
 
でもそういった方のほとんどが、最終的にそこで生き残れるかというと、
生き残れません。
 
楽な事しかやっていないので、不測の事態に陥った時に
対応できる力を持っていないからです。
 
ツール、
検索するだけで仕入れの判断をしてくれるツールは
非常に便利ですが、それが無くなったら続けられますか?
 
せどり自体はまだまだ問題無くできるのに
ツールが使えなくなったら、
対応できず辞めてしまう人も多くいます。
 
お金を稼ぐということは、生きていく上でとても重要なことです。
そこをいつまでもツール(人)任せにしておくということは、
実はかなり危ういことです。
 
自分で稼いでいるつもりでも本当はツールに稼がせてもらっているという方が、
非常に多いです。
 
せっかくせどりを始める以上は、
本当の意味で、自分で稼ぐ力を身に付ける。
このことを意識して取り組んでいくのがいいですよ。
 
ちょっとやそっとでは周りに翻弄されない、
自分の力という物を身に付けていきましょう。
 
そういった意識を持てば、
中古せどりはまさに穴場ですよ♪
 
 
関連リンク
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー