イス

モノレートといったら、
せどりをやっている身としては、
大事なパートナーレベルですが、

今回、

せどり以外にも使えるんじゃね?

ということに気付きました。

本来はこういった目的みたいですね。
1番の目的は
お買い得タイミングを知る
ことなのかな。
特徴

スポンサードリンク

椅子を買いに

先日、作業用の新しい椅子を買いに近所のホームセンターに行って
座り心地を見てきました。

1つだけしっくり椅子を見つけたので、
ついでにアマゾンでも価格を調べてみるとアマゾンの方が安い!

アマゾンで買うかぁと思って、
アマゾンのページをよく見てみると、
レビュー

おや??

レビューを見てみると、
半年ほどですぐ壊れた
と。

この1件しかレビューが無くてほかに判断材料が無い。

この椅子、3色バリエーションがあって、
他のを見てみると1件レビューがあって、
そちらもすぐ壊れた的な内容。

せっかく気に入った椅子だけど、
2件のレビューを見る限りすぐ壊れると。

で、他の椅子も選択肢に入れたけどどうもしっくり来なくて、
座るならこのすぐ壊れる椅子がいい!!

結構悩みました。
2万円ほどの椅子なんで、半年で買い直すのも
「うーん」
だし。
だからといって寝るとき意外ほとんど座る椅子に妥協するのも
「うーん」

そこで一つの考えが思いつきました。

モノレートを見てみよう!

スポンサードリンク

モノレートを見た理由

モノレートって普段仕入れをするときにしか見てこなかったんですが、
あることに気付きました。

すぐ壊れたという意見があるけど、
購入した人はどれくらいいるのかと。

で、実際に見てみると
3色すべてのモノレートを見た感じ、
100件以上売れているのを確認。

すぐ壊れたことをレビューにまでした人は2件。

 
全体の割合に対して、2%無いくらいだったので
購入を決意しました。

これが売れたのが10件程度で、
2件のマイナスレビューだったら購入をやめてたと思います。

ちょっとモノレートの新しい見方を見つけた気がします。

欲しい商品があるけどマイナス評価しか無い。
その評価が全体の何%の意見なのかをモノレートから
売れ行きを見て確認。

レビューがあるとレビューばかりに目が行きがちですが、
モノレートを使うと、また違った判断ができるなと感じました。

購入した椅子はアマゾンプライムで送料無料で届きます。

半年後、本当に壊れたらレビュー書きます(笑)


メルマガ