book-67049_640

せどりと言えばどんなイメージがありますか?

やはりでしょうか。

今でこそオールジャンルせどりなどと言われていますが、
本来は
本の背表紙だけを見て、価値のある物を抜いていくから
背取り(せどり)

といわれていました。

ネットで検索しても
だいたい本せどりをオススメしているところが多いです。

理由としては安く仕入れられるので始めやすいというのがあげられることが多いです。

じゃあ本せどりから始めるのがいいのか?

今回はそのあたりについて解説していきます。

スポンサードリンク

なぜ本せどりがオススメにされているのか

本せどりが一般的にオススメされているのは、
最初に書きましたが、
仕入れ値が安い
ということの他に、
中古の本屋が多い
数え切れないくらいの本が出版されているから仕入れられるのを見つけやすい

という点でオススメにされていると思います。

実際にアマゾンランキング30万位というと、途方も無い数字に見えますが、
アマゾンではそれぐらいのランキングでも結構売れます。

 
 

でも自分は最初に始めるにあたって本せどりは
あまりオススメしません。

 
 

本せどりを薦めない理由

まず薦めない理由として、
ライバルが多い
という点が上げられます。

いろんなサイトで本せどりを薦めているということは、
それだけ
本せどりから始めようかな
と考えている人が多いのということです。

せどりの中では1番人が集まるジャンルです。

そんな中でいきなり入っていくのはなかなか大変なことです。
実際自分も本せどりから入ったのですが、
仕入れ回数で言うと10回もしないうちに辞めました。

初級者から上級者までせどらーの数が多いのが本せどりです。

もうひとつの点で薦めないところは
検品作業が大変なところです。

車があれば仕入れたものを車に乗せられるので問題ないですが、
駐車場が無いような店舗、
車が無い場合など、
数十冊、もしくは百冊以上の本を持ち帰る必要があります。

そして検品作業で、本1冊1冊書き込みや破れが無いかチェックして、
表紙の清掃などなど。

色々やることが多いのも特徴です。

売るまでにやることが多くて、
「思ったよりせどりって大変だな」
と自分は感じました。

じゃあどのジャンルから始めればいいのか

ぶっちゃけると、どのジャンルでも
好きなものから始める
のが1番です。

こういうと身も蓋も無いんですが、
これが1番稼ぐ近道です。

確かにライバルが少なく稼ぎやすいジャンルというのはあるんですが、
1番は自分が興味のあるジャンルでせどりを始めるのがいいです。

自分の場合は洋楽が好きだったので、
本せどりに挫折した後、CDせどりを始めました。

CDせどりを始めると、歌手の名前とか分かるので、
「あ、これはレアなやつだ!」
とかわかるんです。

自分の持っている知識をせどりに転換すると、
仕入れも格段にしやすくなってきます。

自分の好きなアーティストのアルバムの名前など大体覚えているので、
このアーティストのこれは高いぞ!
って覚えやすいんです。

他のジャンルもそうです。
ゲームだったら昔よくやってた
「鋳薔薇」
ってゲームが高額になっているから探してみようとか。

DVDだったら
昔見てた「銀河英雄伝説」
のDVD BOXが高くなっている!

などなど、
自分が興味あるジャンルって元から知識があるので、
覚えやすいし、見つけやすいんです。

そういった意味では、
本せどりも本が好きならオススメできます。

とにかくまずは、
自分が1番興味のあるジャンルからはじめて見るのが1番です。

そこでせどりをやっているうちに、
せどりの基礎ができてきて、他ジャンルでもどんどん仕入れができるようになります。

スポンサードリンク

自分が何が好きなのかを1度考える

好きこそ物の上手なれ
では無いですが、
自分が興味のある物から始めると、
知識を貯めていくのも苦にならないですし、
やっていて楽しくなってきます。

逆に本が好きじゃないのに、本のことを勉強しても
なかなか頭に入ってきません。

まずはピンポイントでもいいので、
自分の興味のあるジャンルから広げていくのがベストです。
時代小説が好きなら時代小説だけは誰にも負けないくらい詳しくなる。
演歌が好きなら演歌のCDの相場はわかるなどなど。

嫌い、興味の無いところはまず成功しないので、
周りが薦めるからといって、
惑わされずに、
自分がやりたい、興味のあるジャンルから始めていきましょう。

スポンサードリンク


メルマガ