ご無沙汰してました。
娘っこの入学やらなんやらでだいぶ滞っていました。

せどりですが、やめたりせず続けてます。
そんなせどりも来月で始めてから1年になります。

初めのうちは手探りで模索していたせどりですが、
だいぶ仕入れの基準やらなんやらが固まってきました。

今日はこれからせどりを始めようと考えている方に、
自分の感じたことを伝えていこうとおもいます。

スポンサードリンク

せどりは儲かる?

これはどの仕事にも言えることですが、万人が儲かることは無いです

検索サイトで「せどり 儲からない」とかで、
検索してもらえればわかりますが、「儲からない」って言ってるブログは山ほど出てきます。

ただ、自分はまだ赤字を出したことはありません

あともうひとつ言うと、本当に資金0から始めました。

せどりを始める前は漫画アシスタントをしていたのですが、月の給料は7万程度。
家賃やら何やら差し引いて使える生活費は1~2万程度。
その1~2万も食費やらに消えていく状態でした。

なので本当に始めた当初はお金ありませんでした(笑)

最初の資金繰りとして、家にあるものをとにかくお金に変えるところから始めて、
せどりの仕入れ資金にして、始めたわけです。(約10万程度の資金)

そのお金で、せどりの納品用の資材を揃え、仕入れに使い、3ヶ月目にようやく月商30万突破まで、
持って行きました。利益は10万程度です。

せどりをやっていて自分が確信したのは、
せどりは儲かる
です。

ただ適当に仕入れても儲かるわけではないので、リサーチは必要になります。

せどりに必要な物は資金力?

これはある程度稼いでくると実感します。
売れるようになってくると感じるんですが、
どういうことか、簡単に言うと

10万円分仕入れて利益が3万円出た。
じゃあ100万円仕入れたら利益が30万?

こんな感じです(笑)

でも、これはあながち間違いじゃなく、
売れる物を的確に仕入れられれば、その通りのことなんです。

よくせどりの宣伝で月商数百万達成!とか
見かけますが、あくまで月商です。売り上げです。月にこれだけ売った!ってのが月商です。

月収ではないです。

例えば500万使って月に100万円分売れても月商100万円達成になります。

で、コツをつかみ始めると赤字になることはそうそう無いので、
あとは仕入れに使える金額をどれだけ増やせるかになってくるわけです。

せどりを考えている方は、その辺りを頭の片隅に入れておいてください。
せどりは資金力!
0から始めた自分がそう実感しているのであながち間違いではないかと思います。

なんだか久しぶりに書いていると長くなってきたので、一旦ここで区切ります。
続きはパート2で。

スポンサードリンク


メルマガ