絵本レビュー【おばけのケーキ屋さん】を読んだ感想

この記事は1分で読めます

350_Ehon_91667

今回の絵本レビューは
【おばけのケーキ屋さん】作絵:SAKAE
です。

スポンサードリンク

おばけのケーキ屋さん

マイクロマガジン社発行。
増刷に告ぐ増刷で
いま結構人気のある絵本です。

絵本のコーナーに行ったら、
面陳列(表紙見せ)でよく置かれています。

スポンサードリンク

あらすじ

DSC_0125

お化けが営むケーキ屋さんに
一人の女の子が来客します。

夜しかやっていない、
お化けのケーキ屋さん。

「こんな時間にどうしたの?」

と聞いても、
「ママはお仕事で家に誰もいないから」
と。

とってもおいしいケーキを作るお化けだけど、
女の子にとっては
「パパの作るケーキと同じくらい」
の味らしい。

女の子に
「1番おいしい」
と言ってもらうため、
お化けは何年も何年も女の子にケーキを作り続けます。

幾年も経ち、女の子が結婚し町を離れる日がやってきて・・・。

DSC_0126

スポンサードリンク

読んだ感想

うちの子たちも結構お気に入りな1冊です。

なんとなく読んでいたら最後の結末で
驚かされました。

ついつい絵本って大人目線だと
名作と言われる物やら昔から人気のある物を選びがちですが、
新しい絵本もいいものがあるなぁっと実感した作品でした。


メルマガ

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー