えー前のブログで言っていた、
絵本レビュー【おしりたんてい】について書いていきます(笑)

たしかアマゾンで絵本を探しているときに、
「この本を買った人はこれも買っています」
っていう部分でこの本を見つけて、
いてもたってもいられず、幕張のイオンモールのツタヤで買ってきました♪

というわけで1発目は【おしりたんてい】でこかせていただきます!!

スポンサードリンク

おしりたんていとは?

さく・え トロルさん
が書いている絵本で、

どんな難事件もププっと解決してしまう、おしりの顔を持つ探偵。
冷静でクール。「においますね」が口癖。
好きなものは紅茶と甘いお菓子。

という探偵のお話です。

続編も出ていて4作目まで出ているみたい。

今回購入したのは1作目なので、
おしりたんていの記念すべきデビュー作品です(笑)

※画像はクリックすることで拡大できます。

おしりたんてい

DSC_0524
DSC_0524

はじまりはある依頼の電話からはじまります。

どうやらお店のお菓子が盗まれたので、
犯人を捜してもらいたいとのこと。

依頼人に会うために町へ出るおしり探偵。
するとそこに依頼人と思われる3人の人?(動物)が。

画像を見てもらえれば分かりますが、
依頼人は赤いリボンをしているとのこと。

この3人の中から赤いリボンをしている子を選ぶことに。

DSC_0583
DSC_0583

こんな感じで赤いリボンの子を選んで→(やじるし)のページを開きます。

結構こんな感じで読者に選ばせるところが多く、
読者参加型の絵本仕様
になってます。

ちなみに
上から
サングラス
むし
りぼん

となっていて、
ここでの正解は、
1番下の羊の子が正解です。

羊の子の案内でお店に着き、
事情聴取したりしいていると、
犯人の足跡が残っているのに気付き、
迷路状の犯人の足跡をたどっていきます。

ここから犯人探しのスタートです!

スポンサードリンク

子どもと一緒に犯人探し

ここから子どもと一緒におしり探偵をサポートしていきます(笑)

おしり探偵が聞き込みした情報を、自分たちで解いていきます。

DSC_0525
DSC_0525

ちなみにおしりたんてい以外の登場人物は
みんな動物です。

なぜおしりたんていだけ
おしり
なのかよく分かりませんが。

いろいろあって、犯人を追跡するため、池に飛び込むおしり探偵、
川底の迷路を抜け、たどり着いた場所は、

DSC_0526
DSC_0526

トイレです(笑)

おしりがトイレを逆流して出てくるなんて、
想像もしませんでした(笑)

どうやらアパートの共同トイレらしく、
ここに犯人が住んでいる模様。

住人たちにアリバイを聞くと、
みんな、何時からここで何をしていた。
と答えます。

ここで
「公園で絵を描いていた」
と答えた人が
実際に公園にいたかどうかを、
前のページに戻って絵の中を探します。

すると一人だけ証言したところにいない人物が
分かるわけです。

逃げる犯人、
追い詰められても抵抗します。

するとおしり探偵は、

DSC_0584
DSC_0584

「しつれいこかせていただきます」

と一言言って、

DSC_0527
DSC_0527

強烈な一撃をかまします(笑)

DSC_0528
DSC_0528

あまりの臭さに犯人悶絶。
おしり探偵の口?からは残り香が漂っています・・・。

こうして無事、犯人を捕まえたおしり探偵は
みんなに感謝され、帰路に着きました。

まとめ

見た目、タイトルともにかなりインパクトのある絵本です。

迷路やら推理が多く、
ただ読み進めるだけでなく、子どもと一緒に考えながら進めていく
絵本なので、幼稚園生くらいからがおすすめかなと。

とりあえず、おしりたんていの犯人に対する制裁の仕方がびっくりでした(笑)

子どもも結構気にっているようで、
家でよく「失礼こかせていただきます」
って言いながら口で「ブッ」ってやってきます。

なかなか面白い本なので、
オススメ度高しです。

と、こんな感じで、
(自分が)お気に入りの本を紹介していきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

スポンサードリンク


メルマガ