【絵本レビュー】『はっけん!むしのもり』作: タダ サトシさん【虫の生態】

この記事は2分で読めます

はっけん!むしのもり

『はっけん!むしのもり』 
作: タダ サトシ
出版社: 小学館
 
今回の絵本は、
『むしのもりシリーズ』
の1冊。
 
『はっけん!むしのもり』
です。
 
 

 
絵本詳細↑
 
 
 
夏が近づくと子供とこれを読んで、
虫取り意欲をあげたりします♪
 
 
特にちっちゃいうちは、
虫に興味津々の子も多いので、
集中して見てくれるイメージです。
 
 
うちではお姉ちゃんのほうがハマってました。
 
 

スポンサードリンク
 

 

内容

お話の流れは、
男の子のさっちん
と、友達の
オオクワガタのオオクワくん
が森の中で様々な昆虫に出会い、
みんなどうやって大人になっていくのかを教えてくれます。
 
 

 
 
あまり知られていないですが、
オオクワガタが成虫になるまではまれに3年かかることもあります。
 
1年で成虫になるのも多いですが、
成虫の期間も入れると、クワガタには珍しく5年前後生きるご長寿クワガタです。
 
家で飼育しているオオクワガタも成虫になって今年で2年目です。
 
 

 
 
他にもトンボの成虫になるまでの過程や、
 

 
 
セミの成虫になる過程。
 
ホタルや蝶の成虫になるまでの過程が、
丁寧に書かれた絵で、見ることができます。
 
 

普段何気なく見ている虫たちが、
どのような過程を経て、
大人になっていくのかを子供と一緒に見ることができます。
 
 




 
 

まとめ

内容としては、楽しみながら虫の生態への教養を深められる本になっています。
 
絵もかわいく書かれていますが、
関節など特徴的な所はリアルに描かれているので、
なかなか手に取って見ることができない、
虫の形そのものを絵で知ることができます。
 
 
お母さんに多いのですが、
たまに自分が虫が苦手だからといって、
子どもが興味を持っても虫の絵本を敬遠するお母さんもいます。
 
子どもが興味を持っていることを、
潰してしまうことは非常に勿体ないことなので、
絵本に限らず、子供が興味を持ったことは、
できるだけやらせてあげてください。
 
 
今まで虫に興味のない子でも、
絵本がきっかけで虫が好きになることもありますよ♪
 
 
※参考リンク
 

 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー