DSC_0081

2015年現在、
我が家には7歳の長女と3歳の弟君がいます。

家では、ほぼ毎日絵本の読み聞かせをやっているのですが、
毎回のように
「読んで!」
という絵本や、
読む回数の多い絵本があります。

今回はそんなうちの子達に人気のある本をまとめてみました。

ランキング形式です。

第10位

どんぐりむらシリーズの1冊です。

おまわりさんに憧れる「いっち」とおまわりさんとの交流を書いた絵本です。
自称おまわりさん見習いのいっち、
無事、落し物の捜索はできるのでしょうか。

個人的には、ぱんやさんの話も好きです。

第9位

これは自分が子供のころから持っている絵本です。
自分が読んでいた本を実家から持ってきて、
また子どもが読んでいます。

郵便屋さんが、魔女やら巨人のお宅にお手紙を届けに行く話です。

面白い仕掛けがしてあって、
ページ半分が封筒になっており、手紙が入っています。

DSC_0109

現在、お姉ちゃんと弟君が手紙を取り合い、
だいぶボロボロです(笑)

第8位

よしながこうたくさんの
独特の絵柄が印象的な絵本です。

一時期子どもたちは大ハマりでしたが、
だいぶ落ち着いてきた模様。

兄、妹の3人でアート活動をしています。
http://www.edomacho.com/koutaku/

兄、妹をモデルにした、
こんな絵本も出てたり。

第7位

定番中の定番。
11ぴきのねこシリーズです。

かつてアニメ映画化もされた作品です。

この絵本も、実家から持ってきて、
子どもが読み継いでます。

第6位

バムとケロもシリーズ化されている絵本です。

この絵本ではバムのおじいさん、おばあさんも登場。

絵の細かいところまで書き込まれていて、
見るたびに新しい発見ができます。

絵に引き込まれる絵本です。

番外編

うどんのうーやん!!
うどんのうーやんが自分で出前に向かう途中で様々な体験をするお話です(笑)

なぜか関西弁。

ほかにもシリーズがいろいろと出ています。

 
 
 
 
画像が多く、長くなったので5位からの発表は
次回になります。
ではまた次回で♪

その2はこちら
http://amakasu-net.asia/kodomo/2991/


メルマガ