目が
 
 
ちょっと休憩のつもりで、
ソファやベッドに横になり、
コンタクトをつけたまま
そのまま数時間熟睡。

目を覚ました時、
コンタクトが目に思いっきり張り付いていて、
違和感、痛みが!!
って経験ありませんか?
 
 
メガネと違ってそのままうつぶせになることも可能なので、
ついつい外すのを忘れて寝てしまうことってありますが、
実際に
コンタクトをつけたまま寝てしまうとどうなるのか?
今回はこのことについて解説していきたいと思います。
 
 

スポンサードリンク

 
 

付けたまま寝るとどうなるのか?

通常時より乾きやすい

コンタクト、特にソフトコンタクトは
柔らかい素材でできていて水分が豊富に含まれています。
普通に使用している間も、コンタクトの水分はゆっくりと蒸発していきます。
 
瞬きをすることによってコンタクトを含め、
目全体に涙が行き渡り潤してくれるので、
コンタクトの乾燥もそれほど感じません。
 
 
だけど、
目をつぶっている間は、
涙が出ません。
 
ということは、コンタクトは涙からの水分補給ができずに、
どんどん乾いていきます。

乾くと目に、より強固に張り付き、
目を開けたときのあの違和感を生み出します。
 
 

コンタクトが乾くだけ?

水分が行き渡らずにコンタクトが乾くだけでなく、
別の問題も出てきます。

それは、
角膜に酸素が行き渡らない
です。
 
角膜は呼吸する際、
口からの呼吸ではなく、
角膜から直接酸素を取り込みます。

起きている時は、
目が開いているので外部から直接吸収できますし、
涙からも酸素を取り込んでます。

ですが、目を閉じていると、
角膜は酸素にほとんど触れることはないので、
ただでさえ酸素不足になりがちなのに、
その上コンタクトで蓋をしているので、
裸眼で目を閉じているときより、
目に酸素が行き渡りません!

目の酸欠状態が続くとどうなるかというと、
角膜内皮細胞の減りが早くなります。
 
 
角膜内皮細胞自体は年齢と共に減少していく細胞なのですが、
コンタクトを付けたまま寝ることで、
減少速度がアップします。

角膜内皮細胞は一度無くなると復活しません!
 
 
目が乾くだけでなく、大事な細胞にも多大なダメージを与えてしまいます。
 
ダメージ
 
 

スポンサードリンク

 
 

付けたままで寝ると起こり得る症状

ドライアイになりやすくなる

付けたまま寝ることで、目の乾燥が進み、
通常時でも、ドライアイになりやすい傾向になります。
 
現代人は生活習慣の変化で、
昔に比べると、涙の量も減ってきているので、
もともとドライアイになりやすいのに、
更に加速させる結果になります。

ドライアイになると、人によってはコンタクトの使用も
厳しくなります。
乾いた状態でコンタクトを使用すると、角膜を傷つける原因にも!!
たかがドライアイと考えずに、目は大事に!!
 
 
 

角膜の酸素不足

角膜をまぶたとコンタクトで蓋をしているので、
角膜の酸素不足にも陥りやすいです。

酸素不足になると、
角膜内皮細胞の減少を早める結果に!!
 
角膜内皮細胞は年齢と共に減少する細胞ですが、
減少速度が早く進みます。
 

 

眼球の白濁化

角膜内皮細胞の減少と関連があるのですが、
角膜内皮細胞の量が減ってくると、
角膜を透明に保つことができず、白く濁ってきます(角膜混濁)。
 
この症状を治すためには角膜移植しか今現在方法がありません。

また角膜内皮細胞の減少が激しいと、
白内障などの目の手術は危険と判断され、
手術自体受けられないということも・・・。
 
 
 
コンタクトを付けたまま寝ることは
百害あって一利なし
です。
 
つらい
 
 

取り外し方

乾いたコンタクトを取り外す際、
目にピッタリとくっついているので、
そのまま外すと目にダメージを与えてしまうことも・・・。
 
 
1番簡単な方法として、
コンタクト用の目薬を点眼してから
数分後に取り外す方法があります。

 
ここで注意する点は、
目薬を点眼した後、
すぐに取り外すのではなく、
3分ほどでいいので必ず待ってください。
 
 
経験済みですが、
点眼してすぐだと、ほとんど取り外しにくさは変わりません。
 
数分待つことで、レンズ、眼球に水分が行き渡り、
外す際も簡単に取り外すことができます。
 
 

注意

外す時のひとつの方法で、
洗面器などに水を張りその中で
瞬きをして外すという、
民間療法?がありますが、
こちらは衛生面から見てあまりオススメできません。

 
またコンタクトの素材によっては、
水に付ける事によって、
変形などを起こすこともあります。
 
 
コンタクト対応の目薬を点眼してから外すか、
どうしても外せない場合は、眼科で外してもらいましょう。

無理やり外そうとすると、
ソフトコンタクトだと破れて、目に破片が残ることもあります。
 
 

スポンサードリンク

 
 

都市伝説?目の裏に・・・

よく
「目の裏にコンタクトが入ってしまった!」
という話を聞きますが、
目の裏側に行くことはありません。

目の構造からして、裏側に行くことは決して無いので
安心してください。

裏側
 
 
ただ普通にズレるより、
大きくズレたり折れ曲がったりして、
まぶたの端までずれてしまい、
しかも乾燥して取れづらくなってしまうことがあります。
 
 
この場合も目薬を点眼して、潤してから外すか、
自分で取るのが難しい場合は、眼科で取ってもらうように!!
 
 
無理矢理外すのは目に良くありません。
 
 
 

コンタクトは正しい使用法で

今現在、コンタクトの使用者は人口の10人に1人使用していると、
言われています。

コンタクトは非常に便利なアイテムですが、
使い方によっては、目を危険な状態にしてしまうこともあります。
 
 
目のことをしっかりと考えて、
使用法を正しく守りコンタクトは使用しましょう。
後は、眼科で定期健診を受けることで、
症状の早期発見にも繋がります。
 
 
コンタクトは正しく使えば問題はありません。
寝るときは外すのを忘れずに!
快適なコンタクトライフを♪