使い捨てコンタクトといえば、
ワンデーアキュビューシリーズが、
1番知名度が高いんじゃないでしょうか。

うちのお嫁さんも、アキュビューのモイストを使用しています。

1dayだけでも、
派生系で、
モイスト
ディファイン
トゥルーアイ

と発売されており、その人気の高さが伺えます。

自分よくガンダムにたとえることが多いんですが、
アキュビューから派生して、
こんな感じ?
 
派生系
 
 
今回は、超有名使い捨てコンタクト。
ワンデーアキュビューのついて書いていきます。
 
 



 

日本初の使い捨てコンタクト

初代1週間使い捨てアキュビューが、1988年に米国で発売を開始し、
日本では1991年から発売発売が始まりました。

そして1995年!
日本で初めての1dayコンタクト
ワンデーアキュビュー
の販売が始まりました。


 
日本以外にも世界65カ国以上で販売されていて、
コンタクトレンズのシェアナンバーワンを誇っています。

アキュビューの由来

「ACUVUE」という名称の由来は、
「ACCURATE(正確な)」と「VIEW(視界)」から作られた造語とのことです。
また、「VIEW」が「VUE」になっているには、
「VIEW」の中心には「いつもあなた(U)がいてほしい。」との
思いが込められているそうです。

 

使い心地は?

後に保湿効果をアップさせた、モイスト
黒目を強調させる、ディファイン
レンズの素材から変えた、トゥルーアイ
など使用者に合わせて様々なタイプに
細かく分かれています。
 
ワンデーアキュビュー自体は、
自分もサンプルで試したことがあるのですが、
可もなく不可もなくといった具合でした。

レンズのカーブが若干大きいので、
外れやすい方も多いみたいです。

口コミも悪い口コミは少なく、
最初アキュビューを試してみて、
目が乾くようであればモイストに変更
するパターンが多いです。

 
少し前までは、
ワンデーアキュビューが安かったので、
コスト面で使用している人も多かったですが、
最近は派生系も安くなり、ほとんど値段が変わりません。
(むしろモイストとかの方が安いことも)
 

まとめ

日本初の使い捨て1dayコンタクト
「ワンデーアキュビュー」
この成功のおかげで、
いま日本では様々なタイプの使い捨てコンタクトが発売されています。
 
 
基本的な性能はモイストと遜色がないので、
アキュビューシリーズを試す際は、候補にいれて問題のないレベルです。
 
 



メルマガ