クエン酸の使い方。掃除や料理以外にも効果を発揮する意外な万能薬。

この記事は3分で読めます

クエン酸
と聞くとどんなイメージがありますか?
 
 
私は数年前のCM、
 

 
北島康介選手のCMを思い出します♪
 
クエン酸と言ったら、
スポーツ飲料などに入っていて、
 
疲労回復のイメージが強い
 
ですが、
最近は効果はない?
とも一説で出てきました。
 
当時は
乳酸=疲労の原因
と考えられていて、
クエン酸には乳酸を排出する効果があるので、
クエン酸=疲労回復
となっていました。
 
ただ最近では疲労の原因は
酸化ストレスで細胞がダメージを受けている状態=疲労
が有力なようです。

 
ただクエン酸は全く意味ないのか?
というとそんなわけでもなく、
ダメージを受けた細胞を修復するのに、
クエン酸が一役かっているようで、
直接疲労回復する効果と言うよりは、
疲労回復を手助けする効果があるという方が近いです。
 
 
クエン酸と言ったら、酸っぱいイメージで体に取り入れるイメージが強いですが、
クエン酸には他にも使い方があります。
 
かくいう私も
クエン酸は食用以外に利用しています。
 
 

 
 
家で使用しているのは、
粉末状のタイプのクエン酸です。
 
 
コレの使い方ですが・・・・
 
 
 

ホッタタブ重炭酸湯

 
 

お風呂場のあるときに使用

使っている場所は、
お風呂場
です。
 
 
お風呂の掃除?
 
 
と思われるかもしれませんが、
そういう使い方ではありません。
 
 

 
 
髪を洗った際の
リンス替わり
に使用しています。
 
こちらの記事に詳しく書いていますが、
クエン酸ってこういった使い方もできるんです♪ 

シャンプーで落ちないワックス、簡単にキレイに落とすおすすめの方法♪ 
 
 
石鹸で髪を洗うと石鹸は弱アルカリ性なので、
髪の毛のキューティクルが開いて、かなりキシキシの髪になります。
 
ですが、ここで
水に溶かしたクエン酸(酸性)を髪に馴染ませることで、 
style=”background-color: #ffff00″>アルカリ性に傾いた髪の毛を中性にしてくれて、
髪のキシキシも本当に一瞬で収まります。
 
 
 
今までリンスインタイプのシャンプーを利用していたのですが、
リンスインタイプのシャンプーより
髪が乾いた後はサラサラになって始めのうちは驚いたのを覚えています。
 
 

追加効果

このクエン酸リンスですが、
思わぬ追加効果も生み出しました。
 
クエン酸リンスは、
洗面器いっぱいのお湯に大匙1くらいのクエン酸を入れてつくります。
 
そのクエン酸水を手ですくい髪に馴染ませ、
最後は残った物を頭からかぶっています。
 
 
この時、クエン酸水が浴槽のタイル一面を濡らすんですが、
床タイルにカビが生えづらくなった(笑)
 
 
お風呂掃除は私がやることが多いんですが、
最近は掃除してなくても床に汚れがついていないことに気づく。
 
嫁さんが掃除したのかと思ったら違うというので、
調べてみたら思い当たるのは
クエン酸!!!
 
クエン酸でリンスした際に、
ついでにタイルのカビ予防までできているのには驚きました♪
 
 

ホッタタブ重炭酸湯

 
 

クエン酸の色んな使いかた

お風呂で

水素水風呂ならぬ、
クエン酸風呂
です。
 
浴槽に50グラムほどのクエン酸を混ぜるだけで、
簡単にクエン酸風呂に変化!!
 
効果は
体臭予防!
美肌効果
があると言われています。
 
新陳代謝も活発になるので、
冷え性の方にもおすすめです。
 
 
注意点として、
クエン酸を入れすぎたり、
体に切り傷などあると、
若干しみます。
 
ひげ剃った後に顔にかかると、
髭剃り負けしたようなヒリヒリ感があります。
 
水で流せばすぐ落ち着くので、
しみた時はシャワーで流し落としましょう。
 
 

お風呂でパート2

次もお風呂です。
 
クエン酸風呂をまずは紹介しましたが、
クエン酸で風呂釜も綺麗になります。
 
浴槽自体もクエン酸の効果で、
皮脂などが浴槽に付着し辛くなるので、
風呂掃除も簡単になりますし、
「湯沸かし」
をすると湯沸かし内部の洗浄にも効果があります。
 
 
クエン酸風呂を追い炊きしたら、
内部窯の汚れが出てくることがあるので、
初めてクエン酸風呂を試した際は、
追い炊きには注意しましょう。
 

カビ取り全般

クエン酸の代名詞、カビ取りですね。

手ごわいカビなら200ccの水にクエン酸小さじ2杯
毎日のお掃除には100ccの水にクエン酸小さじ1杯

 
でクエン酸水を作ります。
 
 
どうしても落ちないカビには、
キッチンペーパーなどにクエン酸水を含ませて、
カビ取り場所にかぶせて30分ほど放置すると、
カビを落としやすくなります。
 
 
※クエン酸は酸性なので、金属を錆びさせる効果があるので、
金属部分には使わないように。
 
 

健康食品として

クエン酸は食用としても活躍します。
 
ただそのまま舐めたりするとかなり酸っぱいです。
 
 
私はたまに小指先にクエン酸付けて舐めたりしますが、
だいたいの方はジュースなどに混ぜる人が多いです。
 
柑橘系のジュースに混ぜるか、
コップ一杯(200cc)の水に対して小さじ一杯のクエン酸とハチミチor砂糖を
混ぜて飲むのが一般的です。
 

 

まとめ

今回クエン酸の様々な使い方をまとめてみました。
 
最初に述べたように、
家では食用と言うよりはリンス代わりに使うことが多いです。
 
掃除から食用、何から何まで役に立つクエン酸。
 
キロ単位で購入しても千円しない、
万能アイテムです。
 
 
お風呂の風呂釜掃除とか洗濯層の掃除、
想像以上に効果があるので、
「クエン酸すげー!!」
ってなりますよ♪
 
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー