川崎宗則『逆境を笑え』を読んで、ムネリンの元気の秘密がわかった気が。

この記事は2分で読めます


 
 
今回、川崎宗則選手の
『逆境を笑え』~野球小僧の壁に立ち向かう方法~
を読み終わったので、感想を書いていきたいと思います。
 
 
最近、よく野球選手の本を読むことが多く、
よくアマゾンで好きな選手が本を出していないかを調べたりしています。
 
最近だと
王監督
村田兆治さん、
里崎智也さん、
野茂英雄さん、
イチロー
の本なんかも読んでいます。
 
ムネリンも大好きな選手なので、
今回この本を手に取ってみました。
 
 

 

川崎宗則選手(ムネリン)って

初めてムネリンのプレーを見たのは、
まだホークスがダイエーホークスだった頃です。
 
鳥越選手と入れ替わる形でショートのレギュラーに定着し、
華麗な守備、盗塁。
そして当時、濃いー顔の多かったホークスメンバーの中で、
唯一の爽やかフェイスで女性ファンもすごかったのを覚えています。
 

 
プレー以外でも、試合前のファンサービス、
メディアでの明るいキャラと私自身かなりムネリン大好きです♪
 
 
今現在はNPBを離れ、メジャーで活動中で、
来年もまたカブスでのプレーが決まりました♪
 
 

逆境を笑え


 
この本を購入するきっかけとなったのは、
もちろん彼が好きなのもあるんですが、
それ以上に
あの明るい性格、生き方のルーツが気になり購入しました。

実はかなりネガティブ?

一通り読んでみた感じたのは、
メディアで見るあの川崎宗則という熱いポジティブな男は
かなりネガティブ気質だということを知りました。
 

ムネリンも普通の人、
いやそれ以上にネガティブかも
と感じました。
 
 
ただそこでムネリンは、
そのまま終わらせるのではなく、
行動することで、
気持ちをマイナスからプラスに持って行くようにするように
心がけていることを知りました。
 
「みんな、おれのこと前向きだと言ってくれる。
とんでもない。
おれは後ろ向きだぞって。
自分を前向きに見せれるようにコントロールする術を身に付けただけ。」

 
 

やってみないとわからない

人生やってみないとわからない。
 
この言葉はここ数年本当に実感しました。

ただ最近はネットの発達などで、
多くの情報が簡単に手に入るようになってきました。

 
するとみんなやってみたいこと、興味のあることを簡単に調べられるので、
当然調べます。
 
すると失敗談や、リスクの問題などが見え、
やる前から諦める人が非常に多くなったなと、
最近実感します。
やる前から諦めるというか、
100%絶対に成功がわかっている物にしか挑戦しなくなった。
とでもいうんでしょうか。

確かに全員が全員上手く行くものって中々無いですが、
やってみないとまずその土俵にも立ってない状態なわけです。

夢は叶える物でなく。
夢は諦める物

というのがほとんどの人の感覚についているような気がします。

 
ムネリン流にいうと、
「大切なのは前に出ること。
成功するから前に出る。
失敗するから前に出ない。
そんなの順番が違う。
前に出たらミスすることもある、
前に出たら上手く行くこともある。
~~~
良くないことがあっても、
次にいいことがあるようにまた頑張ればいい。」

 
 
行動しなきゃ、何も始まらない。

他の人がダメだったからと言って、
自分がダメだったわけでは無いです。

 
まだその「ダメだった」と結果が言える場所にも立っていません。
やってみて初めてモノが言える立場になります。
 
 

ムネリンはムネリンだった


 
明るくパワフルなイメージの川崎選手ですが、
本を読んで、
如何に自分自身を
周りからだけでなく自分自身からも
明るくパワフルに見せるか?

をすごく理解して、コントロールしているかがわかりました。
 
 
「(失敗して)恥をかくことよりも、
やろうとしない事の方が恥ずかしい」

 
 
好きな選手の本が出ているから、
面白そうだなと思って購入した感じでしたが、
読んでみて、
「いかに心をうまくコントロールして、
自分を調整しているのか。
この本からムネリンの生き方を感じました。」

 

あんなに明るい人でも、
実は本当は・・・・
 
 
ムネリンの考え方、
ぜひ今後の自分の生き方の参考にしていきたいです♪
 
ムネリン最高!!!
 
 

 
 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

どんなサイト?


ラインアット” フェイスブック” ようつべ” ツイッター”

現在行っているネットビジネスのこと、
趣味や家族とのお出かけについて、
使用した商品レビューなどを
書き綴っています。
  主夫兼ネットビジネスマン
甘粕豊のプロフィールは
☆★こちら★☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

第17回e-book大賞にて【優秀賞】をいただきました。

カテゴリー