くじ

宝くじ、近場にも1等前後賞出ました!
って大々的に大きな看板で宣伝しているところがあります。

で、宝くじなんですが、みなさんは気になったことありませんか。
宝くじを売っている人ってどんな人なんだろうって。

名物おばちゃんがいたり、駅前に人一人入れるスペースで売ってるとこもあったりなどなど。

なんか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

働いているのはどんな人?

販売形態が3つあるそうです。
①大手代理店
②直営店
③個人店

それぞれ働いている方は違うようで、
代理店だとパートで雇われている方
直営店だとみずほ銀行の行員
個人店は、そのお店の主人や雇われている方
って感じのようです。

代理店などは、ハローワークなどバイト募集系雑誌で求人を求めている事が多いようです。
もしくはお店に直接求人広告が貼ってあったりとか。

地方によって異なりますが、だいたい時給は1000円前後のようですね。

なんでこの店舗で高額当選が出たのかが分かるのか?

これも調べてみたら、簡単なことだったんですが、
どの店舗にどの番号の宝くじを配布したのかを管理している
とのことです。

スポンサードリンク

売れ残りから当たりが出たらどうなるの?

小売店に売れ残った宝くじ。
もしここから当たりが出たらどうなるのか?

パートのおばちゃんたちが山分けするのか?

正解は
売れ残り券は無効券
という扱いになり、そこからたとえ1等が出てもただの紙切れになってしまいます。
売れ残りは全て、みずほ銀行宝くじ部へ返却するようです。

宝くじを売って出る利益はどれくらい?

利益はかなり低いようです。
くじの種類によって利益が若干変わるようですが。
だいたい7%前後との事です。

300円のくじを100枚売ったら、2000円程度が利益のようです。

あと小額当選の場合は店舗での交換になるので、
ある程度資金に余裕が無いと経営は難しいみたいですね。

今回はちょっと宝くじの裏側を覗いてみました。

記事を書いてたら、ちょっと宝くじを買いたくなってきました(笑)
運試しで10枚ほど購入してみようかな。

スポンサードリンク


メルマガ